Pen

Pen 7/1号

特別定価680円 株式会社CCCメディアハウス
6月15日発売
※発売日は地域によって異なる場合があります
※表示価格は発売日時点のものとなります
※購入の際は巻号名をご確認ください
ちょい読みする

特集・見出し

【第1特集】最新版 男の名品図鑑。/心を豊かにする品々を携え、欧州へ旅立つ。/クールさが薫る名品が、海への憧れを誘う。/洒落者向けの、ビジネス&フォーマルウエア/上質さを纏う、ハイブランドの最新アイテム/食卓テーブルを飾る、美しきフォルムの逸品。/【第2特集】見せます! ミラノ・サローネ2017 世界が沸いた、最新デザイン/初夏に色めく、サングラスマン/人に寄り添う、ティファニーの名品。

ブログに貼る
※あなたのWebサイトにこの雑誌の最新号の情報が表示されます。 詳しくはこちら

ちょい読みQUICK

目次

次号予告

バックナンバー

Pen 6/15号詳細

列車で行こう、どこまでも。/世界に誇る超高速列車、新幹線の真実。/旅の愉しみを劇的に変える、豪華寝台列車。/歴史を紡ぐ、「駅」というモニュメント/いまこそ乗りたい、個性あふれるローカル線。/テツたちの熱すぎる「電車愛」から、学ぶこと。/絶景と食とに舌鼓を打つ、おいしい6列車。/バーゼルで選んだ、いま欲しい腕時計。/経年劣化を楽しむ、ハイスペックなブロンズ時計。/スタイルを主張する、シャツの着崩し。

Pen 6/1号詳細

迷って横丁、探して酒場。/街の個性を映し出す、魅惑の横丁へ。/私が愛する名酒場、こっそり教えます。/なぜ仙台・文化横丁は、太田和彦を魅了するのか。/ツレヅレハナコが案内、中野路地ホッピング/アメリカ人大学教授が惹かれた、日本の酒場。/今宵会いに行きたい、看板女将ここにあり。/いま行くべき、ニュースタイルの角打ち4選。/飲むと読むを同時に楽しむ、「本」酒場を探訪。

Pen 5/15号詳細

写真家ヨシダナギが案内する、美しいアフリカ/飾る・纏う・味わう アフリカと暮らす。/砂地に舞い降りた、美しきボロロ族を撮る。/私を写真家にした人々と風景。/独自のスタイルを貫く、アフリカの伊達男。/「日常」をアートにする、エル・アナツイとは?/ルイ・ヴィトンと、ケープタウンの旅へ。

Pen 5/1号詳細

アートな、銀座。/銀座の美しい女。/伝統を受け継ぐ街で、現代アートに触れる。/日本のデザインの歴史は、銀座から始まった。/モダンなグラフィックが、街の「顔」をつくる。/アートな名所が誕生、「GINZA SIX」へ!/次々と新アイコンが登場する、未来予想図。/まるでアートのように、視覚を魅了する料理。/若き感性で街を刺激する、3人の男たち。/【第2特集】SIHHで見つけた、渾身の腕時計17本。

Pen 4/15号詳細

いまこそ、結婚の話をしよう。/愛の形を鋭く描写した、名作について語ろう。/江川達也が熱く叫ぶ、「結婚とは修行だ!」/昔ながらの「嫁入り」を、自宅で撮ることの意味。/ステージ別にプロが指南!幸せの育て方。/記念日に贈りたい、“一生モノ”の輝き。

Pen 4/1号詳細

コーヒーと暮らす家。/【海外編】いたるところに、コーヒー片手に寛げる場所を。 LAのオアシスで、バリスタ仕込みの腕を奮う。 惚れこんだ美しいマシンで、毎日「極上ラテ」を。 自分の家と店が、コーヒーの冷めない距離に。/毎日が発見! 中川家のコーヒー偏愛日記。/コーヒーライフを発信、話題のユニットの暮らし。/【日本編】道具や空間に息づいている、コーヒーの美学。 コーヒー豆とともに、家族の物語が紡がれていく。 サイフォンが輝く、美しいキッチンのある家。/朝から晩...

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2016

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016 特集 風とロック芋煮会2016 ...

STAFF REALTIME

「虹/シンプル」

箭内がプロデューサーを務める高橋優の 17枚目のシングル「虹/シンプル」のジャケ...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ