VOICE magabon interview

No.11 綾瀬はるか(女優)

見所は、私の<10人斬り>! 役を通して強い女性になれる気がします

日本を代表する傑作時代劇「座頭市」が、女性になってスクリーンに登場!勝新太郎、北野武に続く3代目・座頭市に選ばれた綾瀬はるかに突撃インタビュー!
<盲目の女旅芸人>という難役で、本格的な殺陣に初挑戦した彼女。これまでのイメージを払拭して、孤独な主人公・市を演じた想いを語ってもらった。

綾瀬はるか

――座頭市のオファーがきた時の感想は?
「殺陣をずっとやりたいと思っていたのですごく嬉しかったです。女性で、しかも時代劇でもない限り、本格的な殺陣をやる機会ってなかなかないですよね。クランク・インするまでずっとわくわくしていました」

――実際に殺陣をやってみてどうでしたか?
「練習期間が少なくて大変でしたけど楽しかったです。曽利文彦監督から『本格的な殺陣シーンを撮るためにしっかり練習してください』と言われたので、クランク・イン前に木刀で自主練習もしたんですよ。殺陣は型やポーズを体で覚えてしまえば後は応用なので、敵の人と実際に合わせ稽古をして、より格好良く見せることに集中しました。練習でいえば、殺陣よりも三味線の方が大変だったかな。三味線を弾くこと自体も難しいのに、テンポの早い演目もあって、しかも盲目役。もういっぱいいっぱいでした(笑)」

――ズバリ見所はどこですか?
「私の<10人斬り>です(笑)。それと、普段は感情を表に出さない市が、大沢たかおさん演じる侍・藤平十馬にはじめて感情を出すシーンは個人的に気に入っています」

――役作りで工夫した点は?
「一見、何事にも無関心で、とても冷たい人に見えてしまうと思います。それは、幼少時代からたくさんの辛い経験をしてきたせいかもしれません。演じるときも、市はそういった経験や不遇な環境を背負って生きている、ということを強く意識しました。常に暗い殺気を漂わせているので、普段とは違う一面をお見せできたのではないでしょうか」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2016

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016 特集 風とロック芋煮会2016 ...

STAFF REALTIME

こんにちは。放送作家の伊藤総研です。 今回のラジオ「風とロック」は、レギュラーに...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ