VOICE magabon interview

No.12 沢村一樹(俳優・タレント)

意外とラブシーンが大変でした。絡みがなくて逆によかった(笑)

ついに日本上陸!冒険SF小説の父、ジュール・ヴェルヌの「地底旅行」が全編フル3Dになって映画館に登場!ディズニーシーの大人気アトラクションとしてもおなじみの作品で、主人公の科学者・トレバーの吹替えを担当したのは、俳優の沢村一樹。個性派俳優としての地位を確立し、最近ではNHKの「サラリーマンNEO」の<セクスィー部長>役など三枚目キャラを演じ、人気を博している。その彼が、本作で最も気合いを入れたところは!?

沢村一樹

――ハリウッド大作の吹替えは初めてとのことですが、いかがでしたか?
「正直、難しいことばかりでした。相手はお芝居をしているので、なかなか呼吸が合わないんですよ。でも、それ以上に、日本語と英語の表現の違いが難しかった。例えば、『ジーザス!』ってセリフがあったとき、日本語では『なんてこった!』と訳されるけど、日常生活で『なんてこった!』って言う日本人って滅多にいないですよね(笑)。ただ、最終的に<演じる>ということは同じだし、感情を込めてトレバーを演じることが大切だから、言葉の細かいところは気にしなくていいんだって気付いたんですよね。それからは楽しめるようになりました」

――吹替えの中で最も苦労したところは?
「意外とラブシーンが大変でしたね。男と女の距離感を、声だけで表現しなくてはならないから。それに、人がキスしてるのを見ててもあまり面白くないし(笑)。自分がキスするとしても、カメラの前でしてもそんなに楽しくないからなぁ(笑)。キス以上の絡みがなくて逆によかったですよ」

――同じく吹替えを担当した、矢口真里さんとの共演のご感想は?
矢口真里さんはすごかったですよ。まず、意気込みが他の人とは違ったし、色んな面で工夫をしていた。それが作品に大きくプラスされていて、彼女が中心となって現場を盛り上げてくれたと言っても過言ではありません。役柄のセクシーな部分をちゃんと表現していたし、矢口さんの姿勢から色々と教わりました」

――主人公のトレバーの声を演じて、共感した部分は?
「トレバーと僕は、ちょっと抜けているところなんかが似ていて、すんなり好感を持てましたね。何十回も彼と向き合って演技をしているのに飽きないし、いつ見ても新発見があるんですよ。トレバーは、どんなタイミングでも優しくて、ピンチになっても余裕がある。そういう男らしいところに引き込まれてしまいましたね」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック 月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2017

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2017

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2017 特集 風とロック芋煮会2017 ...

STAFF REALTIME

レキシ両A面シングル「S&G」

    NHK大河ドラマ「西郷どん」 パワープッシュソング「SEGODON」。...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ