VOICE magabon interview

No.135 山田孝之(俳優)

やってうまくいかないことなんてなくて、今あるものを捨てて、仕事でも趣味でも熱中してやればいいんですよ。

2004年より「ビッグコミックスピリッツ」にて連載を開始し、これまでに累計販売250万部を超える大人気漫画「闇金ウシジマくん」。トゴ(10日で5割)という違法な高金利で金を貸すカウカウファイナンスを舞台に、パチンコ依存症の主婦、見栄を気にして借金を重ねるOLなど、哀れな債務者たちの姿をリアルに描写。今日の日本社会にはびこる格差問題やワーキングプアなど現代社会の闇を真正面から捉え、読者から大きな反響を生んでいる。
“映像化不可能というか、しちゃダメ”と言われていた本作が、深夜ドラマ枠で待望の実写化! この問題作に着手したのは、CX「ナニワ金融道シリーズ」を始め数多くの社会派ドラマを手掛ける山口雅俊プロデューサー。カウカウファイナンス社長の丑嶋馨を演じるのは、2010年も「十三人の刺客」「乱暴と待機」など話題作に引っ張りだこの実力派俳優、山田孝之。頭脳明晰で非情な丑嶋社長役は彼にとって新境地であり、また原作ファンも驚くほどビジュアルを忠実に再現した姿も見どころの一つ。髪型や髭なども漫画に似せて、わざわざメガネも作ったほどのこだわりぶりだ。
気合いたっぷりの山田にインタビューを敢行し、本作にかける熱意を直撃した。

山田孝之

――4年ぶりのドラマ出演ですが、この作品を選んだ理由は?
「深夜ドラマってゴールデン番組と比べて金はかけられないけど、その分クリエイティブなことができるという感じがあります。だからずっとやりたいとは思っていました。そんな時に、以前一緒に仕事した山口さんから『ウシジマくんを深夜枠でやりたい』と話があって。テレビドラマだと、実際の人間が動いているから、漫画よりもリアリティがあると思うんです。だからそこで闇金とかのヤバさとか金の力の凄さを伝えたいですね。俺は金って世の中で最強の兵器だと思っているから、そういうものを実感してもらいたいです」

――丑嶋役をやるにあたって、彼をどのように分析して演じましたか?
「丑嶋って、金へのとんでもない執着心があるわけじゃないですか。でも、無機質で単純な人間だから、よく言えば侍みたいにひとつの信念だけで動いている。丑嶋のヤバさを表現するってことで、いつでも金属バッドを振り下ろしてやるって気持ちは常に持っていましたよ。原作者の真鍋昌平さんに、丑嶋というキャラクターを作った時のイメージを聞いたら『虫みたいにしたかった』って言ってて。虫って形も特殊で感情もないし、それが人間の欲望が渦巻いているところにいたら面白いんじゃないかと思ったらしいです」

――ダークヒーローのような描写もされていますが、山田さんは丑嶋を悪と捉えていますか?
「丑嶋に限らず、悪とか正義とか別にないんじゃないかな。結局、みんな自分の正義のために戦っていて、自分の正義のために生きている。それは別に、本来の人間のあるべき姿だからいいと思う。時代とともに人が増えて社会ができていくけど、それは自分たちの子孫を繁栄させるためで、普段は動物らしさを押し殺している。法律だって、人間の本能を規正するわけだから。丑嶋が怖いのは、彼自身が動物的で、人間的な部分が描かれていないからじゃないですか。だから俺も、丑嶋の深い部分は見せずに演じています」

――では、山田さん自身も、悪と正義を両方持ち合わせていると思いますか?
「はい。そもそも悪と正義のボーダーラインがないし、それって価値観の問題じゃないですか。価値観についても、『この人ズレてるな』って思うことが嫌いで、それって自分が受け入れようとせずその人がおかしいって決めつける無責任なことだから。まぁでも、僕は確実に正義ではないですね(笑)。正義なんてものになる気はないし、人に嫌われるの好きですし(笑)。丑嶋役をやって『あいつ最低だな』って視聴者に思われたら、『へへ、してやったぜ』って感じかな。いい人と思われるよりも、『なんか気に食わねぇな、でも芝居は嫌いじゃない』って言われたい。でも、嫌われたら芝居も観てもらえないでしょうけど(笑)」

――撮影の裏話があれば教えてください。
「毎回、丑嶋がオムライスを食べるシーンがあるんですけど、実は最終回を撮る時に一話分からまとめて撮ったんですよ。山口さんが『丑嶋なんだからガツガツ食べてください』って言うんだけど、食えるわけないだろ、何個目のオムライスだよって(笑)。原作では丑嶋はウサギをたくさん飼っていて、そこで彼の几帳面さや意外な人間っぽさが出ているんですけど、山口さんにとってはその代わりがオムライスなんですよね。丑嶋がランチでオムライスって、女の人っぽくて可愛い。だから俺はそれもいいなと思いましたね」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月刊 風とロック 105号 特集 風とロック芋煮会

NEWS

風とロック芋煮会2016 KAZETOROCK IMONY WORLD『ACO ONE GRAND-PRIX』

9月17日(土)、今年も猪苗代野外音楽堂で開催される  風とロック芋煮会2016...

STAFF REALTIME

今週のラジオ「風とロック」

今日のラジオ「風とロック」は、 ケータリングプランナーのYUCALIさんをお迎え...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ