VOICE magabon interview

No.142 テリー伊藤(演出家・映画監督)

俺が金稼げないで悩んでいる姿を楽しんでもらえると思うと、これもオイシイなと。

「天才・たけしの元気が出るテレビ」「ねるとん紅鯨団」など、自由な発想で多くの伝説的な番組を手がけてきた演出家、テリー伊藤。近年はテレビやラジオなどのメディアで活躍しており、歯に衣着せぬコメントで世を斬る姿は痛快そのもの。多方面で才能を発揮する彼が、ドキュメンタリー作品で映画監督デビュー! そのタイトルはずばり、「10億円稼ぐ」。
本作でテリー監督が新たに挑むのは、キャラクター・ビジネスで“10億円稼ぐ”一大プロジェクト。自分のバイクや洋服を売って軍資金300万円を調達するところから始まり、mixiでデザイナーを発掘して、コウモリのお姫様キャラクター「ナニティー」を開発。avex所属の新人アーティスト・ハローワークスたちと力を合わせ、ライセンス先への慣れない営業回り、マーケティング、体を張った宣伝活動…と、キャラクター・ビジネス市場に体当たりで挑んでいくその全貌を2年半に渡りカメラで追っている。
完成作のお披露目前に、テリー監督に単独インタビューを敢行し、見どころを教えてもらった。

テリー伊藤

――そもそも、映画監督とキャラクター・ビジネスはどちらが先にあったのでしょうか?
「もちろん映画です。バラエティー番組の演出をやってきたこともあり、できたらドキュメンタリーを撮りたいと思ったんですよ。ドキュメンタリーにも色んなバリエーションがあって、政治経済とか動物、大家族モノもあるけれど、その中でも“金儲け”が一番リアルだと思ったんですよね。だから、自分が金儲けをする過程を撮ろうと思っていたんですけど、その題材がなかなか見つからなくて2年くらい考えていたんです。それがふとした時に、『あ、キャラクター・ビジネスはアリかも』と思いついて、撮影を始めました」

――どうしてキャラクター・ビジネスを題材に?
「よく見てみるとパリス・ヒルトンも日本の演歌歌手も子どもたちも、みんなキティちゃんやミッキー・マウスのキャラクターのデザインが入っていうモノを持っているんだ! と思って、それってどんなファッションにも無いことなので、キャラクター・ビジネスで行ってみようと思ったのが最初のスタートでした」

――そして「ナニティー」を開発し、実際に何社とも契約を結ぶことができた勝因は?
「キュートなコウモリ、というところが契約に結びついていると思います。コウモリといえばバットマンくらいしかなくて、可愛くてセクシーなコウモリのキャラクターはいなかったので。あとコウモリって怖いイメージがありますよね。そしてドクロも怖いじゃないですか。昔はドクロがデザインされていたものは女の子や子どもは着なかったけど、最近は身に付けるようになりましたよね。それって世の中の美意識とか価値観が変わってきていることなので、コウモリは良いと思いました」

――“10億円”という金額を設定した理由は?
「これね、『1億円稼ぐ』だと映画としてはつまらないですよね。だけど、『100億円稼ぐ』っていうと大変でしょ。10億円ならなんとかなるかなと。だって、10億円稼ぐってくらいの発想でいないと、映画としてのスペクタクルな部分がないかなーとも思って。この映画でも言っているけど、ナニティーは全世界40カ国くらいで販売することになったんですよ。このままだと5年後に10億円はイケるんじゃないかな」

――映画監督は今回が初挑戦ですが、演出していて面白かったこと、苦労したことは?
「撮っていても編集していても、映画を作っていること自体は全て面白いですよ。苦労というわけじゃないけど、どうなるか分からないという不安は常につきまとっていました。例えば、メーカーさんに売り込みに行く時も、『うまくいくのかな』って思っていたしね。売り込みが成功しないと映画として成立しないわけじゃないですか。社長さんから『来ないでほしい』って門前払いされたこともあったし、飛び込み営業マンの気持ちがよく分かりました(笑)」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2016

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016 特集 風とロック芋煮会2016 ...

STAFF REALTIME

「風とロック CARAVAN福島」次回、2月24日(土)は新地町へ☆

 福島県内各地をめぐる月一回の公開生放送 「風とロック CARAVAN福島」(ラ...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ