VOICE magabon interview

No.143 吹石一恵(女優)&宮藤官九郎(脚本家・映画監督・演出家・俳優)

吹石一恵&宮藤官九郎

――演じた役柄に共感できるところは?
F「布枝が子どもを産む覚悟をするところです。茂に『産みますけん』と言いきったことで、腹をくくれたんじゃないかな。それまでは面と向かって強く言うことってなかったのに、ひとつの命を宿して育てていこうと決心したことで、夫婦の関係が一歩先に進んだと思うんです。やっぱり“母は強し”ですね」
K「確かに貧乏なんだけど、この貧乏だったらいやじゃないって思わせるものがあるんですよね。何でも笑い飛ばせるというか。『貧乏は命までは取らないから』ってセリフは究極ですけど、達観しているじゃないですか。貧しくても二人でご飯食べているシーンは幸せそうに見えるといいなと思って、そこはちょっと意識していましたね」

――宮藤さんは同じクリエイターということで、本作を通して水木さんから学ぶことも多かったのでは?
K「まあでも、この映画は布枝さんの話ですからね。会って5日で結婚した相手が漫画家だったらこうなりますけど、もしも僕と同じ脚本家だったらどうなるのかな(笑)。『今書いているから、もうすぐ出来上がる』と嘘の電話をしてくれって、そういう仕事を奥さんにお願いするわけですよね、多分」
F「面白い! 『主人のパソコンが壊れて、データが消えたんです』とか(笑)」
K「でもそれって、その世界を知らない人にとっては苦痛なことだと思うんですよね。だから、布枝さんは本当に偉い。僕が一番好きなシーンが、布枝さんが古本屋に行って、水木先生の漫画を『ほら、ここすごいじゃないですか』って、お店の人に売り込むところ。自分の奥さんがそうだったらすごいと思いますね。実際はどうなのか知らないけど(笑)」
F「しかも布枝さんは、『今日、古本屋に行ってあなたの本を買いやすいところに置いてきたのよ』って言わないところが素敵ですよね。私なら絶対に言うと思う(笑)」

――テレビ版にはない、映画ならではの魅力は?
K「水木夫妻は10歳差で、僕と吹石さんも同じくらいの年齢差だから、ジェネレーションギャップがリアルにある。あとは、イケメン(向井理)のゲゲゲじゃないぞ、こっちの方が写実だぞ、と(笑)。より本人に似ているってことを押していきたいですね」
F「映画は、劇場に足を運んでいただければ2時間で終わります(笑)」
K「あ、でも切り取っている部分が、エッセイの中でも特に良いところだと思うんですよね」
F「そうそう、無理やり波乱万丈にしていないところが、この映画の良さでもあるんです。自分が出させていただいた作品はなかなか客観的に観られないんですけど、後からじわじわボディブローのように染みてくる映画ですね。こういうタイプの映画は今珍しいと思うので、テレビ版のファンの方にも観ていただけたら嬉しいです」

――最後に、もしも雑誌の編集長になったら、どんな雑誌を作りますか? 宮藤さんは以前、「本気のエロ本を作りたい」と話していましたが…
F「私、靴が大好きなんです。うちにある靴は100足以上から数えるのをやめたんですけど、クローゼットに眠ったままのものもいっぱいあって。キレイな靴ばかり載っている雑誌を作ったら、夜中の2時3時までずっとニヤニヤしながら眺めていると思う(笑)。ジミーチュウ、クリスチャンルブタン、ジュゼッペ ザノッティとか、キラキラしてフォルムの美しい靴ばかり集めて…考えただけでドキドキします(笑)」
K「僕はやっぱりエロ本で(笑)。でも、他の人と一緒に作ろうと思ったら、喧嘩になると思います。誰かが『いやらしいでしょ、これ』って言ったものって、ちょっと残念なんですよね。自分だけが読んで楽しめれば、わざわざ作らなくていいかも」
F「でも、もしも出版されたら教えてくださいね。『宮藤さんの好きなのはこんな感じなんだ』って知りたいです(笑)。男性がどこにエロスを感じるのか勉強させてください!」

ゲゲゲの女房
(C)水木プロダクション/『ゲゲゲの女房』製作委員会

ゲゲゲの女房
2010年11月20日(土)より
ヒューマントラストシネマ有楽町他全国ロードショー



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月刊風とロック
風とロック芋煮会2018

NEWS

◆「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2018

  「月刊 風とロック」109号 風とロック芋煮会2018   特集 風とロッ...

STAFF REALTIME

未来塾「東北で生きる、東北と生きる」

11月1日(日)放送のNHK「未来塾」に箭内が出演します。 番組MCを務める...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ