VOICE magabon interview

No.153 園子温(映画監督)

家族と死は逃れられない。そこから、虚飾のない愛や性のあり方、むきだされた人間の姿を描きたいんです。

「自殺サークル」(02)「紀子の食卓」(06)など、衝撃作を次々と誕生させ、2009年には、究極の純愛を描いた上映時間237分の渾身作「愛のむきだし」(09)で国内外で高い評価を受けた鬼才・園子温監督。家族や愛の形、そしてむきだしの感情をえぐり出すかのような、圧倒的なパワーを持つ作風は、熱狂的なファンを持つほど。このたび、いよいよ彼の最新作「冷たい熱帯魚」が公開される。
本作は、監督の実体験と、1993年の愛犬家殺人事件や数々の猟奇殺人をベースに、人間の狂気を映し出す、手加減なしのダーク・ファンタジー。第67回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門に正式出品され、6分間にもおよぶスタンディングオベーションで迎えられるなど、早くも話題になっている。
家庭不和の中、小さな熱帯魚店を営む男・社本。ある日、娘が起こした万引き事件をきっかけに、人がよく面倒見のいい同業者の村田と出会い、急速に親しくなるが、彼こそが猟奇的な連続殺人事件の犯人だった…。
想像を絶する世界を体験する社本役の吹越満、モンスターとも言うべき村田役のでんでんをはじめ、役者陣の振り切った熱演も見どころ。また、監督自身「新しく自分をもう一度築き上げるための再出発の映画」と語り、気合いも十分だったと言う。
そこで園子温監督に単独インタビューを敢行。本作にかけた思いを語ってもらい、監督のパワーの源に迫る!

園子温

――完成された映画を観ての手ごたえは?
「自分にとって、再出発の映画だと、結構気合いが入っていました。もう一度、デビューし直したというつもりでね。『愛のむきだし』が完成して、これからの態勢をゼロに戻したい。そして新しい方向性を作って、後の10年の志にしたいなと。下手な愛や希望に関する映画よりも、もっと深いものを作りたかったんです」

――監督にとって、映画に求めるポイントは?
「映画に癒されたくないんです(笑)。まず“癒し”っていう言葉がよくわからないんだけど、元気づけられるという意味だったら、僕は癒しの音楽よりもハードロックの方が元気づけられる。今、日本には映画を問わず、テーマ的に“癒し”をよく言うけど、全然欲しくないし、自分が作るときにも、考えないようにしています」

――吹越満さんとでんでんさんのキャスティングはどのように決まったのですか?
「二人とも、以前僕の映画に出てもらって、もう一度一緒にやりたいと思っていたんです。さらに、吹越さんは、偶然この映画の打ち合わせ中にばったり会って、『じゃあ、決まりって』(笑)。その時は、『ちょっと出てね』っていう友情出演程度だと思っていたらしいです。あと、二人の役は、でんでんさんを弱々しい役にして、吹越さんを逆にしても成立できるとも思っていたんです。今度、別の映画で逆転させても面白いかな」

――でんでんさんの村田役は圧巻でした。
「基本的にアドリブはないんですけど、シーンによってはでんでんさんを活気づけるためのひとつの材料として、『ギャグをアドリブでやってみてよ』と言う日もありました。そうすると調子に乗って色々やるんで(笑)。『俺は勝新太郎』というセリフは、彼のアドリブ。僕には到底書けません」

――吹越さんによると、監督の演出方法は、役者の芝居を最重要視するとのことでした。
「カメラマンではないので、絵の美しさを追求する気は全くないんです。自分が映画を観ているとき、僕は絵の美しさで感動して映画がいいと思った覚えはひとつもないんで。だから自分が感動したものに対しての記憶で、こうあるべきだというものを作っていくので、そういう意味で役者が一番、重要だと思っています。役者に求めるものはひとつ。人を感動させる芝居です」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2016

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016 特集 風とロック芋煮会2016 ...

STAFF REALTIME

こんにちは。放送作家の伊藤総研です。 今回のラジオ「風とロック」は、レギュラーに...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ