VOICE magabon interview

No.153 園子温(映画監督)

園子温

――社本の妻役の神楽坂恵さんは、監督のしごきによって、新たな自分を引き出してもらったと語っています。力を引き出す秘訣は?
「おだてると良くなるタイプと、厳しくすると良くなるタイプと2通りあります。僕は厳しくした場合は1回では終わらない(笑)。厳しくして伸びる人は、もっと強めたらどうなるんだろうと興味が沸くというかね。そして、完成形を見たい。この人は伸びるっていうのは、一瞬でわかるんです」

――それはどんな瞬間ですか?
「たぶん霊視的なものなんです。満島ひかりさんもね、『帰ってきた時効警察』に出てもらったときに、シーン自体は大したものじゃなかったんだけど、『あれ!? いけるんじゃないか?』と思って。それで『愛のむきだし』をやってもらって」

――今回描かれるのは、徹底的に救われない家族。監督にとって“家族”は描きたいテーマになりますか?
「家族と死ですね。恋人や友情には別れがあり、力強い人間関係じゃない。でも親子であることは消せない事実。恋はしないで済むけど、家族と死は逃れられないから。そこから、虚飾のない愛や性のあり方、むきだされた人間の姿を描きたいんです」

――衝撃的な作品を作り続ける、監督のパワーの源は?
「まだ全然完成していないから、そういう不満が次の映画を作らせている。必ず次の映画の方が面白いということを前提として作らなければダメ。こういうのもあるじゃなくて、次こそ最高のものを作るという意識がないと全然盛り上がらないし。次こそ代表作になる、人を動かす力のある映画が生まれるという意識を持ちながら生きています」

――若い頃に影響を受けた雑誌は?
「赤塚不二夫が責任編集をした『まんがNo.1』。前衛的すぎてすぐに廃刊になっちゃった。レコードが付いてきて、『この曲を聴きながら、この漫画を読むこと』っていう設定があったり、ぶっとんでる(笑)。こういう雑誌が存在できるんだっていう驚きがあった。この世は限界があると思っていたものを壊されると、やはり違うことができるんだなって刺激になりますよね」

――雑誌の編集長になったら、どんな雑誌を作りたいですか?
「今、本格映画雑誌が少ないので、映画評論家が育っていないんです。正当に映画を評価して、尚且つ、高尚過ぎない雑誌。思想的に全く傾かないけど、面白い映画雑誌が作れたらいいね」

冷たい熱帯魚
(C) NIKKATSU

冷たい熱帯魚
2011年1月29日(土)より
テアトル新宿他全国ロードショー



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月刊風とロック
風とロック芋煮会2018

NEWS

◆「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2018

  「月刊 風とロック」109号 風とロック芋煮会2018   特集 風とロッ...

STAFF REALTIME

高橋優「one stroke」MV

この7月にメジャーデビュー10周年を迎えた高橋優さんのシングル 「one str...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ