VOICE magabon interview

No.164 真木よう子(女優)

「SP」は、みんなでひとつの物を作り上げるということを
最も実感できた特別な作品です

岡田准一主演の人気アクションドラマ「SP」が劇場版第2作目「SP 革命篇」で遂に完結する。VIPの要人警護をする警視庁警護課第四係、SPたちの活躍を描いてきた本シリーズで、岡田扮する井上薫の同僚・笹本絵里役を熱演した真木よう子にインタビュー!
井上と、上司・尾形総一郎(堤真一)との関係性に決定的な亀裂が入った前作「SP 野望篇」での結末に、衝撃を受けたファンも多かったのでは。まず、2011年3月5日にスペシャル番組として「SP 革命前日」が放映され、遂に「SP 革命篇」で、物語はクライマックスに到達する。なんと尾形が、腐敗した国家のシステムを変えるべく、国会で大胆なテロ行為に出るのだ。
前作の大ヒットを受け、すでにハリウッドでは映画「SP」のリメイク化権を巡る交渉も始まったという。完結編も、ハイテンションで繰り広げられる社会派ドラマや、岡田たちが魅せるスーパーアクションに、アドレナリン噴出必至の力作に仕上がった。
本シリーズで初めてアクションにもトライした真木よう子に、現場の裏話や、撮影秘話をたっぷりと聞いた。

真木よう子

――まず、完結編の「SP 革命篇」に臨んだ時の心境から聞かせてください。
「特に何かをすごく意識したわけではないですが、ドラマシリーズから始まり、『SP 野望篇』へと長年続いていたこともあり、みんなで面白い物を作っていこうという想いがどんどん高まっていきました。キャストやスタッフがひとつのチームになって、作品を作り上げていっていることを実感しました」

――元射撃のオリンピック候補選手である笹本の見せ場として、銃を撃つシーンがありましたが、撮影エピソードを教えてください。
「あのシーンでは、第四係のメンバーが一斉に突入する中で、細い椅子の手すりに足をかけて一気に壇上に上らなければならなくて。転んだら一大事ということで、体を釣り上げようか?という話にもなったのですが、大丈夫だろうと思いそのままやりました。でも、一歩でも歩幅を間違えると、右左逆になってフォームが変わったりするので、結構難しくて。大変でしたが、気合で乗り越えました(笑)」

――今回も松尾諭さん扮する同僚の山本に、痛烈な一打をくらわせるシーンが印象的でした。毎回エスカレートしている気がしますが…。
「笹本が松尾を殴るシーンは、現場でもみなさんがすごく楽しみにしてくれていて(笑)。松尾さんとは特に事前に打ち合わせをしないんですが、監督も含めて、いい物が撮れたらさらにいい物をという感じで、求められていくんです。次は髪の毛をむしるとかしないと笑ってくれないんじゃないかとまで思ったりして(笑)。でも、毎回、何かしら奇跡が起きています。今回もメガネがふっ飛びました。あれは、一番最後に撮ったテイクでしたが、本気で叩かなきゃって思ったら、あそこまでなってしまって。でも、毎回本気でたたいているので、松尾さん、相当痛いと思いますよ」

――TVドラマが始まった当初、映画までシリーズが続くことを予想できましたか?
「それは想像できました。すごく面白いっていう自信があったので。私はあまり自分の出演作を恥ずかしくて人に勧めないんですが、『これは本当に面白いから観た方がいい』って、周りの人たちに珍しく勧めていました。『SP』ファンがどんどん増えてることも実感していたので、ドラマだけで終わらないんじゃないかなとは思いました」

――入山法子さん扮する新人SPとの女性同士のアクションシーンの撮影はいかがでしたか?
「最初は、女性同士ということですごく不安でした。私も入山さんもアクション経験がないという“ゼロ同士”の戦いだったので。さらに、周りの男性たちはしっかりしたアクションができる人たちばかりだったから、私たちのアクションがかっこ悪かったら全て台無しになっちゃうと思い、二人ですごく頑張りました。私は『野望篇』でちょっとだけアクションの経験があったので、その分、一緒にやる彼女のテンションを上げていこうと思ったんです。お互いが当たったとしても、いい画になるんだったらいいやって思いでやっていました」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2016

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016 特集 風とロック芋煮会2016 ...

STAFF REALTIME

「風とロック CARAVAN福島」次回、2月24日(土)は新地町へ☆

 福島県内各地をめぐる月一回の公開生放送 「風とロック CARAVAN福島」(ラ...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ