VOICE magabon interview

No.183 板尾創路(俳優・タレント)

何もない、体ひとつで笑いを作るというのが、笑いに対して真摯であり、正義だと思う

「大日本人」(07)で衝撃の映画監督デビュー。続く「しんぼる」(09)では、自己の内面世界に迫る力作を打ち出した松本人志監督。監督3作目となる「さや侍」がいよいよ公開される。今回、松本が挑むのは完全オリジナルストーリーとなる時代劇だ。
鞘しか持たない侍・勘十郎と、その不甲斐なさに反発する娘・たえ。変わり者の殿様から下された、一日一芸を若君に披露する“30日の業”に立ち向かう中、二人が次第に絆を深めてゆく様が描かれる。バラエティ番組「働くおっさん劇場」で強烈なインパクトを残した一般男性、野見隆明が主演に抜擢されたことでも話題だ。
笑いをとろうと必死に奮闘する勘十郎の姿には、真摯に笑いを追求する監督の想いがこめられた。そして親子の愛情が溢れ出す驚愕の結末は、観る人の心を激しく揺さぶるはず。
そこで、バラエティ番組「ごっつええ感じ」など数々の作品を松本監督と共に作り上げ、本作でも出演・脚本協力として参加した板尾創路に単独インタビューを敢行! 芸人としての活動の他、俳優、映画監督、作家など多彩な顔を見せ、あたたかな人柄が伝わる書籍「板尾日記」も現在第6弾まで発売中。独特の存在感・発想力が、お笑いファンのみならず芸人仲間をも魅了している。彼の目に松本人志の姿はどう映っているのか。また、自身の笑いに対するこだわりもたっぷりと語ってもらう。

板尾創路

――今回、脚本から参加されていますが、まず松本監督からはどのような作品にしたいと話があったのでしょうか?
「最初は、野見さんを使っておとぎ話のような時代劇を作りたいという話でした。松本さんは、以前から野見さんを映像作品で使ってみたいと思っていたようで、今回ぴったりな構想があるということで。そこから色々と話し合って、肉付けしていった感じです」

――野見さんの印象をお聞かせください。
「『働くおっさん劇場』などで見ていた限り、素人の中でも群を抜いているというか。際立っていましたからね。番組では野見さんの持っているものを、松本さんがうまく引き出していて。ある種、両方天才やと思うんですけど、その天才が偶然にも一つの番組で出会ったという奇跡が、そこから始まっているんじゃないでしょうか。野見さんは、とにかく一生懸命なんですよね。何をやるにしても。何が野見さんをそうさせているのか分からないんですけどね(笑)」

――松本監督は、野見さんに対して台本も渡さず、自身が監督であることも伝えていなかったそうですね!
「直接演出をしない上に台本も渡っていないわけですから、野見さんには、何をしているのか、今日は何をするのかも分からないんです。動物以外ではそんな演出ないですよね。本能的な部分でやるっていうのは、動物に近いです」

――この映画が面白くなると確信した瞬間を教えてください。
「野見さんが全くの素人さんなので、あの人をどう持っていくかが一番の問題で。それがどんどん形になっていって、野見さんに相応しい役になっていった時。実際に撮影するまでは不安もありながら、でも、すごくいいものになる可能性も高いと思って。全く新しいものができると感じて、ワクワクしましたね」

――板尾さんも映画監督をされていますが、松本監督の演出はどう感じましたか?
「かなり難しいと思いました。設定もゴールも、野見さんは分かっていない。だから回数を重ねて、いい絵が撮れるまで粘るしかない。我慢比べです。僕らも撮影の間は極力、野見さんに接触しないようにしていて。やっぱり人間ですから、だんだん情が移ってきちゃうんですけど、優しい言葉をかけられない。そういう状況に自己嫌悪になることもありました(笑)。でも、そこも含めて演出で、一人にして、孤高の状況を作ったことによって生まれたものが、野見さんの後半の表情には出ていると思います」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2016

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016 特集 風とロック芋煮会2016 ...

STAFF REALTIME

こんにちは。放送作家の伊藤総研です。 今回のラジオ「風とロック」は、レギュラーに...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ