VOICE magabon interview

No.194 ももいろクローバーZ(アイドルユニット)

悪い意味じゃなくて、あかりんの色を消せるくらい
強いキャラにしよう、5人の曲にしようと心掛けました

一筋縄ではいかないユニークな楽曲群と体力の限りを尽くすアクロバティックなパフォーマンスで、既存のアイドル像を叩き壊しながら拡張し続ける5人組、ももいろクローバーZ。2008年の結成から着実にその名を浸透させてきた彼女たちが、遂にファースト・アルバム「バトル アンド ロマンス」をリリースする。
得意のアクティヴな楽曲だけでなく、ライブではお馴染みだったバラード・ナンバーやソロ曲(初回限定盤Aに収録)など、バラエティに富んだ楽曲が用意された本作は、より多くの人に広く受け入れられることになるだろう。このアルバムを完成させた心境はいかに? メンバーの百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れにの5人に単独インタビューを敢行した。

ももいろクローバーZ

――初めてのフルアルバムをご自身で聴かれてみていかがですか?
佐々木「聴いても聴いても、ももクロの曲がどんどん出てくるんです。シングルは3曲くらいですけど今回は13曲も入っていて、本当にももクロ尽くしで。ヘビロテです!」
高城「長い時間気持ち良く聴いていられるから嬉しいです。毎朝、登校中も聴いてます」 有安「まだライブでも歌ってないし、振りがついてない曲もあるので、いつもの自分たちの曲を聴くのとは違う感じです。まだ聴き慣れてないから一瞬自分たちの曲かわからない時があります。イントロクイズとかやってもまだすぐには答えられないかも(笑)。今は普通にいちファンとして聴いてます」
玉井「毎日のようにレコーディングしていて、毎回覚えるのが大変だったんですけど、色々な種類の曲が歌えて楽しかったし、聴いていて飽きないです。超自画自賛です!」
百田「ももクロと言えばポジティブで元気で曲が多いんですけれど、今回のアルバムでは新しい曲にもチャレンジさせてもらいました。切ないバラードだったり、リズムがいつもと違う感じの曲があったりして、聴いていてもいつもとは別の私たちがいるのが新鮮で面白いなと思います」

――収録曲については皆さんで相談されたりしたのでしょうか?
百田「最初は『オレンジノート』が候補に入ってなかったんですよ。私たちも大好きだったし、ファンの方からも好きだよって言ってもらえることがたくさんあって。ライブでしか聴けない曲っていうのもある意味では良かったんですけど。アルバムになってやっと入るかなって思っていたら、(アルバムのリストに)なくて。『なんで入れないの!』って皆で言っていたら追加されたんです。びっくりしました。でも『オレンジノート』と言えば高城さんに語らせたらすごいです! 誰よりも推してます」
佐々木「セットリスト決める時も、必ず『オレンジノート』って言うんですよ」
高城「…はい(笑)」
百田「『オレンジノート』が収録されるという発表があったら、ファンの方の反応が『いやったー!』という感じだったので嬉しかったです」

――メンバーが6人から5人になったことで、これまでに発売されていたシングル曲を新たに歌い直していますが、心掛けたことありますか?
百田「最初はあかりん(早見あかり、元メンバー)のパートを同じようにセクシーに歌おうとしていたんですが、前山田(健一、作曲家)さんが『やりづらかったら歌詞のニュアンスも変えちゃっていいよ』って言ってくれて。本当は『狙った獲物は逃がさない』なのに、『狙った獲物は逃がさねー!』みたいに、私らしくしました」
玉井「前に歌っていたようにじゃなくて、違う曲を作るつもりでやりました。ちょっとずつ変えて歌いました」
高城「不自然になったねって言われるのが嫌だったので、最初からここはこういう風でしたよって言われるくらい自然になるように歌いました」
有安「同じ『行くぜっ!怪盗少女』でも5人では別ものなので、新しい曲だと思ってレコーディングに臨みました。悪い意味じゃなくて、あかりんの色を消せるくらい強いキャラにしよう、5人の曲にしようと心掛けました。ラップパートは、この5人の中だったら一番低い声が出るし、個性も出ると思ったので、低い声を意識しています。でもライブだとテンションが上がって声も高くなっちゃういます(笑)。だから今日は低くやってみようとか、その日によって音程を変えてます」
佐々木「私は『ミライボウル』とか『ピンキージョーンズ』であかりんのやっていたパートを歌っているんですけど、私の中で一番大きかったのは『ミライボウル』のラップの部分で、あかりんはかっこよく歌っているんですけど、『あーりんはキュートにセクシーに歌って』と言われて。でもあかりんのインパクトが大きすぎて、どう自分流にしたらいいのか分からなかったんですけど、やっているうちにどんどんと語尾が上がっていって、気付いたらああなってました(笑)。ライブでの振り付けも、ダンスの先生と『こういうのがセクシーだよね』って話しながら、以前とは差を見せたいなと思って頑張りました」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック 月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2017

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2017

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2017 特集 風とロック芋煮会2017 ...

STAFF REALTIME

第4回 ACO ONE GRAND-PRIX 募集開始!!

今年で4回目となる「ACO ONE GRAND-PRIX」。 本戦に参加できる1...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ