VOICE magabon interview

No.19 伊藤英明(俳優)

今一番の癒しは、姪がポニョを歌う動画を見ることです(笑)

史上最大の巨大台風が日本を直撃! 巨大地震と台風の上陸によって崩壊した新橋駅を舞台に繰り広げられるスペクタクル巨編「252 –生存者あり-」がついに公開。兄と弟、父と娘、夫と妻、それぞれの家族の絆も見物である本作で、初の父親役を務めた伊藤英明に単独インタビューを敢行した。元ハイパーレスキュー隊員であり、新橋駅に閉じ込められるという過酷な設定は、彼自身が望んだものだった!?

伊藤英明

――「252 –生存者あり-」の映画化は、誰よりも伊藤さんが切望されたそうですね
「別の映画の撮影中、原作の小森陽一さんが僕にあるプロット(物語)をくれたんです。内容は、都内のトンネル事故に巻き込まれたハイパーレスキューの物語。それを読んだ時、このプロットは絶対に映画化したいと思ったんです。何よりもまず、『252』というタイトルに惹かれたんですよね。『252』というシンプルな暗号の中には、人の希望や未来が含まれている。その意味を色んな人に伝えたくて、水田伸生監督に声をかけて映画化に結びつけました。ここ数年、小説や漫画が原作の映画が多い中、本作のようにシナリオを一から作りあげた映画は近年稀にみるものだと思います。また、これだけのスケールになるとは夢にも思っていませんでした」

――本作の見所は?
「新橋駅は東京に住んでいる人なら誰でも一度は通ったことにある場所ですよね。そこで、地下に閉じ込められたら……誰でもパニックになってしまうと思います。でも、災害はいつ起こりうるかわからないことですので、リアルな怖さをぜひ映画のスクリーンで観てもらいたいと思います。また、親子の絆だったり兄弟の絆だったり、最初は反発していても、生還のために力を合わせていくというところにも注目していただきたいです」

――災害現場が舞台だっただけに、撮影は大変だったのでは?
「ずっと大変でしたね(笑)。でも、現場では多くのスタッフに支えられて感謝しています。また映画を通じて、本物の消防士やレスキュー隊員の方たちと話ができたことがとても勉強になりました。最近では、どこかへ行くと非常口を無意識にチェックするようになりましたね」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月刊風とロック
特別増刊 樹木希林

NEWS

「月刊 風とロック」特別増刊

  月刊 風とロック 定価0円 特別増刊 樹木希林 10月15日 配布開始 ...

STAFF REALTIME

「藝大アーツイン丸の内2018」

    丸ビル、新丸ビル、丸の内仲通りを中心とした丸の内・有楽町エリアで 「藝...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ