VOICE magabon interview

No.202 大泉洋(俳優)&松田龍平(俳優)

大泉洋&松田龍平

――北海道発の人気バラエティ番組『水曜どうでしょう』の話になりますが、大泉さんはソリでダイブもされていましたよね。
O「そういった意味では『どうでしょう』なんか何の養生もしてくれませんからね(笑)。危ないですよ。まぁ『どうでしょう』のアクションと映画のはまた違いますけど(笑)。龍平くんが屋根の上でアクションやってるのは、本当に他人事のように見てはびっくりしてたなぁ。幸い大きなケガはしなかったですが、連日湿布をしながらこなしてました。龍平くんもそんな感じだったよね?」
M「今回、初めてスノーモービルに乗ったんです。平らな道を走るだけならよかったんですけど、デコボコがびっくりするくらいあって、そこでジャンプした時に着地と同時に膝をガンと打って(笑)。でも、初めてだったので、『これが普通なのかな?』って自問自答しながらやってました」
O「だって『北海道の人はみんな乗るのかな?』って言ってたもんね。乗らねえよ(笑)!」
M「『もっとスピード上げてもらえますか?』とか言われて、もう限界でやってるのに『マジか?』って思いましたね(笑)」
O「そうそう、『できねえって!』っていうようなこと言われました(笑)。龍平くんは雪道の運転だってしたことなかったわけだから」
M「そうですね、車も初めてでしたね。大泉さんが北海道生まれの知恵を僕に授けてくれるんですよ。『走り始めはいきなりアクセルをふかすとタイヤが空回りしちゃうから、じんわりかけるんだよ』とか。横で言ってくれました」
O「すごくうるさそうな顔をして聞くわけですよ。明らかに『はいはい』みたいな雰囲気でねぇ。僕がちゃんと知恵を授けてあげてるのにさぁ(笑)」
M「(笑)」
O「『1回だけ好きにやらせてください』とか言ったりしてさぁ。で、やってみて『あぁ、ホントだ。大泉さんの言うとおりでしたね』みたいなことを言うんです(笑)」

――劇中でお気に入りのシーンはどこですか?
O「お気に入りというか、バカバカしいなと思わず笑ったシーンは、衣装合わせで『探偵って家にいる時に何を着てるんだろう?』っていう話になったんです。そしたら、監督が『僕はガウンだと思う』って言って。そこからいろんなガウンを衣装さんが集めていって、猪木さんみたいなガウンもあったりして。結局、映画ではボクサーみたいなガウンを着てるんだけど、探偵がいよいよ調査に乗り出す時にガウンを脱ぎ捨てるシーンはバカバカしかったですね。『なんでガウンをこんなに気合入れて脱ぐんだろう』と(笑)。出来上がったものを見ても、実にバカバカしかったです。そういうのがよかったですね」
M「僕はラストの謎が解決していくところが好きですね。あとは例えば、アクションでちゃんと血が出るとか、全体的にしっかりと描くところは描きつつ、どこか映画のフィクションらしさが混ざってるところ。鉄砲を乱射されても1発も当たらなかったりするとかね(笑)。すごくベタなんだけど、映画ならではのそういう遊びがあるのがいいですね」

――原作もシリーズ化されていますが、パート2があればまた出演したいですか?
O「もちろん! 最初からシリーズ化が目標ですし、バーのカウンターにお金をかけ過ぎたらしいので(笑)。カウンターの板がなかなかない一枚板を使ってるんです。『1作では元が取れないから、2作3作となんとかやってくれ』と言われてます(笑)。万が一、東映が作れないということになったら僕が自費で作りますよ。龍平くんが出てくれる確約はもう取ってあるし。出てくれるよね?」
M「…ん? もちろん(笑)。まずはこの1作目を観てほしいですね。そしたら、面白さが分かってもらえるだろうし、エスカレーター式にいけるんじゃないかなと思いますね」

――今後、映画化されるとしたら出演してみたい原作ものは?
O「子供の頃から『ルパン三世』が好きなので、ルパンをやってみたいなぁ。似てるって言われることも多いんですよ」

――今回の映画では、事件が展開していく中で、大泉さんが「こいつは面白くなってきたよぉ」って言うシーンがあるんですけど、あれがルパンっぽいと思いました。
O「意識してたわけではないんですけどね(笑)。分かりやすく緑色のジャケット着てね、もみあげをやたら太くしてやりたいな。龍平くんは『名探偵コナン』じゃないの?」
M「僕は『ドラえもん』かな。最近はわりと無理っぽいものも実写化されてるじゃないですか(笑)。だから、そういうものをやってみたいですね」

Text : Yuji Tayama
Photo:Megumi Nakaoka

探偵はBARにいる
(C)2011「探偵はBARにいる」製作委員会

探偵はBARにいる
2011年 9月10日(土)より
丸の内TOEI他全国ロードショー



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月刊風とロック
風とロック芋煮会2018

NEWS

◆「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2018

  「月刊 風とロック」109号 風とロック芋煮会2018   特集 風とロッ...

STAFF REALTIME

高橋優「one stroke」MV

この7月にメジャーデビュー10周年を迎えた高橋優さんのシングル 「one str...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ