VOICE magabon interview

No.204 満島ひかり(女優)

“白昼夢”のような、美しいこの映画が
たくさんの童心に届くといいなって

話題の出演作が相次ぎ、今最も輝いている若手女優の一人、満島ひかりがホラー映画に初挑戦! 「呪怨」などジャパニーズ・ホラーの立役者、清水崇監督とタッグを組んだ「ラビット・ホラー3D」がいよいよ公開される。「恋する惑星」など国際的に活躍するクリストファー・ドイルを撮影監督に迎えたことでも話題。キュートで愛くるしいはずのウサギが、孤独な姉と弟を恐怖渦巻く“恐怖の国”へと誘う衝撃ホラーだ。
心優しい少年・大悟(澁谷武尊)が、ある日突然ウサギを惨殺し、失踪。口のきけない姉・キリコ(満島ひかり)は、たった一人でその謎に立ち向かうが、思いもよらぬ真相が待ち受けていた…。
世界初の一体型二眼式3Dカメラを使用し、奥行きとともに飛び出し効果も多用。観る者を恐怖の世界へと引きずり込む。また映像だけでなく、登場人物の秘密やトラウマなど、内面世界に迫るドラマ性も奥深いものに。キリコの辿り着く真実に、是非注目して欲しい。
そこで、満島ひかりに単独インタビューを敢行! 映画「愛のむきだし」でブレイクし、現在もNHK連続テレビ小説「おひさま」やフジテレビ系ドラマ「それでも、生きてゆく」など、役柄ごとにキラリと強烈に光る存在感を放つ彼女。実はホラーが苦手だったという彼女に、出演の決め手や映画の見どころ、自身の怖いモノまでをたっぷりと語ってもらう。

満島ひかり

――ホラー映画初主演となりましたが、元々ホラーは苦手だとか?
「日本のホラー映画の湿気が多くて、ジメジメした感じがとっても怖くて、苦手なんです。中学生の頃にそういうものを観て、怖い経験をしたことがあるので。夢に毎日お化けが出てきて追い掛け回されたんです! それでもう、げっそりしちゃって。だから清水監督の映画も観ていないんです(笑)」

――では、今回の出演の決め手となったものは何でしょう。
「脚本を読んで、ホラー映画というよりも、おとぎ話のようで。なんか奇妙な怖さを感じたんです。怖いけど、のめりこんで行ってしまうというか。1人の女の子が自分自身の精神世界に足を踏み入れたことによって、どんどん自分の感情の中に入り込んでいってしまう。小さな頃に読んだ奇妙な絵本だとか、熱が出たときに見た不思議な夢だとか、そういう感覚に近いなと思って。まるで白昼夢のような作品が映像になって観られるなら、是非参加したいと思いました」

――鮮やかな映像美で多くの映画ファンを虜にしてきた撮影監督、クリストファー・ドイルが参戦したことでも話題です。
「そうなんです! クリスと仕事ができる機会を絶対逃しちゃいけないと思って。白昼夢のような映画を彼ならば、感性豊かに映し出せるはずだと、のめりこんでしまう素敵な映像になるんじゃないかと思い、出演を決断しました」

――完成された映画を観ていかがでしたか?
「怖いけれど、愛のある映画でした。どうしようもなく悲しい物語だけど、やっぱり、映像が美しくって。特に映画のラストあたりで、螺旋階段を登っている時に映る、キリコのよだれ。『あれ、 よだれだ(笑)。すごいキレイ!』って思って。あのカットが好きなんです。たくさんの方の童心に届くといいなって思っています」

――演じたキリコ役は複雑な内面を抱えた役柄ですが、難しかった点、大事にした点を教えてください。
「失声症の役なので、本来はしゃべれたけれど、声が出なくなってしまった人。その感じはとても難しいけれど、きっとこの人はしゃべれないぶん、閉じてきたこともあるぶん、誰よりも奥に入って多くのことを見つめてきたんじゃないかと思って。すごく感覚が優れている人であればいいなと考えていました。あと、私も動物的な人間なんだけど、キリコ自体がウサギみたいであればいいと思っていたんです。だから図書館でウサギのことを、すごく調べて。ウサギが不安を感じたりとかしたときに、足を蹴ったりするのってスタッピングって言うんですけど、あらゆるスタッピングの仕方を、練習したり(笑)」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2016

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016 特集 風とロック芋煮会2016 ...

STAFF REALTIME

こんにちは。放送作家の伊藤総研です。 今回のラジオ「風とロック」は、レギュラーに...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ