VOICE magabon interview

No.216 哀川翔(俳優)

哀川翔

――八木沢役の綾野剛さんと共演して、いかがでしたか?
「彼もいろいろと仕事をしてきて、やる気満々でやりたいことがいっぱいあるけど、どう消化していっていいか考えてる。そういうところがすごく映画のシチュエーションに合ってたね。やっぱりキャスティングってそうあるべきだと思うわけ。本人の中身の葛藤がどう表に出てくるかっていうのが映画の面白いところ。彼は一生懸命やってたし、空回りした時の困った表情がまたいい。それを切り取るのが冨永監督の技量で、今回さすがだと思ったよ」

――その他の共演者の方々もそれぞれに魅力的でした。
「みんな良かったよね。すごいタイトなスケジュールで、夜中の3時4時まで撮影をやっていて。久々に元気があった時のVシネマを撮ってるみたいだった。頭おかしいよっていうくらいにやってたけど、そこによく水崎さんたちがついてきたよね。やる気とかバイタリティーがないと無理な現場だった。夜中の3時くらいになると、箸が転がっただけでも笑い出すんだから。みんなハイテンションだったよ」

――かなりコミカルなシーンもたくさんありましたが、現場はいかがでしたか?
「冨永監督は現場でもかなり変えていく。けっこうSだな、この人って思った(笑)。でも映画って、その場面でそのカットが面白ければいいんだよ。ツジツマは後で考えればいいし。監督が面白がって役者から面白いものを引き出そうと仕掛けてくる。俺たちはどちらかというと、通常、引き出しを開けない派だから。でも、勝手に開けて『何か入ってますね。こんなのありましたよ』ってやるのが監督。そうじゃないとダメ。だから、今回は面白かったよ。まあ、撮る側としては要求しないと。いっぱい引き出したいし、限界が欲しいから。俺はいつも限界まで出してもらってるよ。とりあえずギリギリまでいくね。限界に行くと快感はないんだけど、そこからは失速する。でも、そこまでやると気持ちいいよ」

――人生におけるリベンジというテーマについてはどう思われましたか?
「うーん。今は最初から諦めちゃってるから、リベンジどころじゃないよね。リベンジって、やったけど結果がダメで、まだギラギラと燃えるものがあったから、そこでもう一回復活できるかってことでしょ。でも、今の人たちはみんなすでに諦めていて、燃えてもいないし、火もつけてない。まずは着火からいきなさいと。ただ、着火するのってけっこう勇気がいるのよ。俺たちは人の分まで火をつけて、『あ、ごめん!間違った』って感じだけど。人に火をつけて、しょうがないからみんなで一緒に走り出す。それが現場の魅力だよね。仕事って、お手々つないでて仲良しこよしのサークルじゃないんだから、それくらい気合を入れないと。映画の現場では、みんなが火をつけられてる感じがする。そういう熱さがないとダメだし、そこがこの商売の面白いところかな。それぞれに役目があるから、みんなが仕事に使命感を持ってる。スタッフさん含めてたくさん人数がいるけど、余計な人は一人もいないから。みんながマックスでやってるところがすごい」

――これまでに「SS」や「昆虫探偵 ヨシダヨシミ」など、漫画が原作の作品にも多数出演されていますが、いつもどんなふうにアプローチをされていきますか?
「『昆虫探偵』はそのまんまやろうと。コミックを見て『これ、俺じゃないか?』って思ったから。実際は全然似てないんだけど、あれはビジュアルから入った。まあ、いろいろかな」

――もしも雑誌の編集長になったら、どんな雑誌を作りたいですか?
「アウトドア全般だな。初心者がいきなり上級編にトライしても届かないから、もっと簡単にやれるものを紹介したり。ゴルフ系もいいね。ゴルフ雑誌に載ってない内容を紹介したりして。俺、実はけっこう本屋に行くのよ。雑誌は月に20冊くらい買って読んでる。でも、知らないうちに捨てられたりしてて(笑)。雑誌は好きなんだよね」

Text:Nobuko Yamazaki

目を閉じてギラギラ~一発逆転!?借金人生~
(C)BeeTV

目を閉じてギラギラ~一発逆転!?借金人生~
2011年10月22日(土)より
ヒューマントラストシネマ渋谷で公開



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月刊風とロック
風とロック芋煮会2018

NEWS

◆「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2018

  「月刊 風とロック」109号 風とロック芋煮会2018   特集 風とロッ...

STAFF REALTIME

未来塾「東北で生きる、東北と生きる」

11月1日(日)放送のNHK「未来塾」に箭内が出演します。 番組MCを務める...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ