VOICE magabon interview

No.227 瑛太(俳優)&丸山隆平/関ジャニ∞(歌手)

瑛太&丸山隆平/関ジャニ∞

――撮影中、ワイルドだなと思ったシーンは?
E「レストランでごはんを食べるシーンですね。鶏肉、パスタ、サラダとかをあそこまで口に詰め込んだのは生まれて初めてでした。皮膚が切れちゃうんじゃないかと思うくらい全部入れてみたんです。台本に“野獣のように食らいついている飛葉”みたいなト書きがあったので、ちょっとワイルドにいってみました(笑)。今までやってきた役では、基本、行儀良くしてしまう癖がついていたので。あそこまでダイナミックにごはんを食べられたのはいい経験でした」
M「僕はサイドカーのミサイルをぶっ放すところですね。あそこはパイロウとしてのワイルドな見せ場でしたから。あそこまでぶっ放すのはなかなか気持ちが良くて爽快でした。その後、撃とうとして撃たないシーンもあって、そこはなんか可愛いかったです」

―― 一番興奮したアクションシーンを教えてください。
E「最後にみんなで攻めに行く時、トレーラーの中からマシンガンを撃ち、その後、飛葉がバイクで飛び出すシーンが良かったです。一瞬、時が止まったような間があって、鳥肌が立つのを超えるほどのものがありました。想像を確実に超えていて、感動しました」
M「僕はシンプルですが、みんなでVの字になってバイクで走るところ。あれってワイルド7独特の世界だなって。見ててワクワクしたし、また彼らを見たいなって思えるような、その先をイメージさせるシーンでした」

――今回の撮影では、今までなかったような経験もされたと思うのですが。
E「今まで、あれだけの数の弾を撃ったことがなかったです。また、敵から撃たれる時、近くで爆発するように仕込んでおくのですが、あそこまで近いところで爆発させるのには驚きました。爆発させると、耳の裏に弾のカスや、石に見立てた粉みたいなものが飛んでくるんです。その距離が本当に近くて。飛葉はすごい強い役なんだけど、僕自身の人間としての反応が出てしまうというか、ビクってなってしまう。そういう撮影は今まで経験したことがなかったです」
M「僕は爆破シーンですね。あそこまでのものは初めてで、爽快でした。でも、セットではなくロケで行ったから、後で(スタッフが近所の人に)怒られたんじゃないかな。実際、銃声がパンパンと鳴った時に、人が逃げていくのを見ましたから。『ああ怖いな』って、現場にいながら恐怖を感じました。臨場感もすごく感じて、『これが映画なんだ、スケールがデカイな』と感心しました」

――これまでで一番ワイルドだなと思った経験を聞かせてください。
E「同じ羽住監督の『銀色のシーズン』で、撮影のない日にニセコのスキー場へ行ったんです。リフトの上に、板をかついでいけば登っていける場所があって。行ってみたらそこの景色が本当にきれいだから『行っちゃえ!』って思って滑ったんです。そしたら50mくらいあるハーフパイプみたいなところが見えて。でも、こっちはものすごいスピードが出てて、止まれなくて。そこから降りていって、そのままボンって10mくらい飛んで、着地できました。本当に気持ち良かったです。でも、ちゃんと戻らないと本当に死ぬって感じで。違う方へ行っていたら、今、僕はここにいません(笑)」

M「僕は、バラエティー番組のロケで、ペーパードライバーなのに、ミッションのトラックを運転させられた時ですね。1日中街へ出る、しかも下北の物件を見にいこうって企画でした。助手席に乗ってたメンバーも横からヤイヤイ言うんですよ。『わ!止まれ止まれ!』とかって。ギリギリ、ぶつかってはいないんですよ。でも『ぶつかってるよ~』と討論したりして。すごいストレスでした。いや、本当にぶつかってはいなかったんです。ぴったりくっついたことはありましたが(笑)。あれは、すごくワイルドなロケでした」

――最後に、本作のおすすめポイントを聞かせてください。
E「すごいアクション映画です。爽快感があるというか、観終わった後スッキリします。勢いがあるので、何か発散したいなって感覚で映画館に来てもらえればと」
M「男前探しに来てもいいし、日常を忘れに来てもいい。エンターテインメント映画として見てもらえれば嬉しいです」

本作ですっかり意気投合した二人。彼らのダイナミックなバイクアクションはもちろん、ロマンスや仲間たちとの友情の絆、親子愛のドラマも存分に堪能して。

Text : Nobuko Yamazaki

ワイルド7
(C) 2011『ワイルド7』製作委員会

ワイルド7
2011年12月21日(水)より
他全国ロードショー



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月刊風とロック
風とロック芋煮会2018

NEWS

◆「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2018

  「月刊 風とロック」109号 風とロック芋煮会2018   特集 風とロッ...

STAFF REALTIME

高橋優「one stroke」MV

この7月にメジャーデビュー10周年を迎えた高橋優さんのシングル 「one str...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ