VOICE magabon interview

No.22 ベニチオ・デル・トロ(俳優)

チェ・ゲバラが僕なら、カストロはソダーバーグ監督だね。

かつて、本気で世界を変えようとした男、チェ・ゲバラ。39歳でこの世を去った今なお、全世界から愛され続けているキューバの革命家。日本でも彼の生き方を支持する者は多く、「BRUTUS」をはじめとする雑誌でもたびたび特集が組まれている。没後40年が経った今、彼の生涯を描いた映画「CHEチェ 28歳の革命/39歳 別れの手紙」がついに完成。そこで、チェ・ゲバラを演じたオスカー俳優、ベニチオ・デル・トロにインタビューを敢行。役作りのため25キロも体重を落とし、初めてプロデューサーに挑戦した彼がかける熱意とは?

ベニチオ・デル・トロ

――チェ・ゲバラを演じるにあたって、どんなアプローチをしましたか?
「まず、チェの自伝をはじめ、彼に関する書物を読み漁ったよ。1956年のキューバ革命、1966年のボリビア革命と、チェと共に時を過ごした人がまだ生存していることが、この映画にとって非常に貴重な財産だったね。実際にキューバやボリビアを訪れて、彼らから話を聞くことができたんだ。例えば、チェはコーヒーを飲む時に砂糖はいれないとか、自分で繕い物もするということ。聞いた話は全てが新しい情報であり、エピソードとして使えることだった。僕が繕い物をしているシーンもあるけれど、とても短いからまばたきをしているうちに見過ごしてしまうかもね(笑)」

――ここだけはブレないようにしようと心がけた点は?
「あくまで事実に基づいて忠実に撮影をした。チェのぜんそくは有名な話だけど、映画では、彼を横にして体の上に木を置き、肩を広げて呼吸をしやすくしたシーンがある。これは実際に行動を共にした戦士が話してくれたんだ。でも実は、演じている最中は、得た情報をすべて忘れることにしていたんだ。俳優として一番必要なことは、そのシーンの最も重要な部分に集中して、演技を重ねることだと思ったからね」

――撮影は長期に渡りましたが、その間のリラックス方法は?
「音楽を聴くことだね。僕は音楽なしではいられないから、撮影の移動中もかかさず聴いていたよ。具体的に挙げると、ブルース・スプリングスティーン、ビートルズ、ザ・クラッシュ。普段から役作りの最中にも音楽を聴いているけど、『39歳~』の準備期間中には一切聴かなかった。それと今回、REDという高性能の撮影用カメラが使われたことで、撮影がスムーズに進んだんだ。だから、リラックスがてら夜遊びに出かける間もなかったね(笑)」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック 月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2017

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2017

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2017 特集 風とロック芋煮会2017 ...

STAFF REALTIME

ふくしまプライド。2018

福島県クリエイティブディレクター箭内道彦が指揮を執る、 今年の「ふくしまプライド...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ