VOICE magabon interview

No.230 園子温(映画監督)

園子温

――主演の染谷将太さんと二階堂ふみさんの印象を教えてください。
「もっと自分の可能性を広げたいっていう意欲がある二人だったんで、やっぱりそういう若者とは一緒にやりたいですよね。『まだまだ自分には可能性がある』と感じているということは、僕がやってあげられることがあるということ。楽しいじゃないですか。『もう出来上がっていますよ、うまいでしょ』っていうのはいらないから。染谷君は映画がすごい好きで、スタッフをやりたがっていて。照明技師をやってみたいとかね。そういうところも変わっているし、おもしろい。ヴェネチアのレッドカーペットの時も、染谷君の隣に通訳の子かな、イケメンがいて。そっちを主役だと思って、カメラがみんなそっちに向かって行ったんだよね(笑)。普通ちょっと不満顔になったりするでしょう。でも、染谷君はおもしろいって楽しがっていた。目立ちたがり屋じゃないんだよね。普通の感覚をしっかり持っている。大切なことだよね」

――二階堂さんの茶沢役も体当たりで、鮮烈な印象を残します。
「よかったですね。彼女は自分の可能性を広げたがっているというのが、情熱的に伝わってきた。最初のリハーサルでは100点満点の4点をつけたんですけどね(笑)。染谷君は28点くらい」

――演出する上で、気をつけている点はありますか?
「ライティングで縛らないとか、カメラもなるべく役者の動きに合わせるようにする。全く縛りを与えない、縛らないということが大切。役者が出せるものを全て出せるように。やっちゃいけないということは何もないんで、自由な中でやってみて、『あ、こういうのって出してもいいんだ』ってやっていくうちに、『あれ、こっちの芝居って結構いいね』って自分で気づくこともあるだろうしね。そんなに怒ってばかりいるわけじゃないんです(笑)。とにかく、『もっと、もっと! もっとできるはずだ!』ってことしか言わない。自分で自分を見限らないで、もうちょっと行ってみようよって」

――中学生のあがき、もがきを描いた本作。監督ご自身の中学時代はどんな少年でしたか?
「余生だと思っていました。小学生の時に生涯が終わったと思っていたんです(笑)。もうセックス以外のことは、何もかもしたという気がしたから、もう終わりだなって。残念だよね(笑)。まあ、映画はずっと好きだったから、映画しかなかったかな。でも高校生になって、『あ、まだ続くんだ』と思って。それからもう1回やり直さなきゃいけないって思った。『ヒミズ』の主役の住田とは、ちょっと違うんだけど、老成しているところ、達観視しているところなんかは似ているかもしれない」

――「ガンバレ住田!」と叫び、二人が疾走するシーンが大変印象的です。シーンに込めた想いを教えてください。
「希望に負けたというか、もう希望を持たざるを得ない、絶望していられないなっていう意識があったんです。だから毅然としたものじゃないんです。映画を観た人が、その『ガンバレ』を不愉快に感じないとしたら、僕がおしつけがましく『ガンバレ』って言ってないからだと思う(笑)。僕、学校生活でめちゃくちゃ先生に怒られていたんけど、帰り道にいやらしい優等生の学級委員が肩をポンって叩いて『ガンバレ』とか言うんだ。めちゃくちゃ腹が立って(笑)。ああいうのは本当に嫌だし、『ガンバレ』ってあんまり言いたくはなかったんだけどね。今回のあのセリフは、『しょうがない、ガンバレ』みたいで。自分に対するガンバレでもあって。言葉にするのは難しいけれど、是非観たままを感じてほしい」

――今後原作モノを撮るとしたら、挑戦してみたい原作はありますか? また今年の抱負をお聞かせください。
「『新約聖書』をVシネっぽい感じで。『Vシネ新約聖書』。タイトル文字も『仁義なき戦い』みたいに、グワっと踊っているの(笑)。僕は今年こそ本番だと思っていて。これまでがデッサンで、次からは実作。僕は終わって『よし!』って思うことがないんです。まだまだ満足していない、次こそ最高作を、という気持ちが原動力になっている。是非今年は『よし!』っていう映画を撮りたいね」

Text : Orie Narita
Photo : Megumi Nakaoka

ヒミズ
(C)「ヒミズ」フィルムパートナーズ

ヒミズ
2012年1月14日(土)より
新宿バルト9他全国ロードショー



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2016

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016 特集 風とロック芋煮会2016 ...

STAFF REALTIME

こんにちは。放送作家の伊藤総研です。 今回のラジオ「風とロック」は、レギュラーに...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ