VOICE magabon interview

No.258 広末涼子(女優)

広末涼子

――犬のまさお君との共演はなかなかご苦労が多かったのでしょうか。
「やっぱり、時間も含めて思い通りにはいかないですし、技術さんも色々な工夫をされていました。プールのシーンは、まさお君の動き次第で、長く時間がかかることもあり、仕上がりの想像がまったくつきませんでした。でも出来上がったものを見てみたら、たくさんの人たちのリアクションが入っていて、スピード感もあって! 頑張ったかいがありました(笑)。でも、落ち方って難しいんですよね。自分では滞空時間を長くしたかったのですが、なかなか思うようにはいかなくて。驚いている間に落ちてしまいました(笑)。でもやっぱり、大久保(佳代子)さんや木下(隆行)さんは、お上手なんですよね。『さすが!』と思いました」

――逆に、まさお君がいることで現場が和んだことなどもありましたか?
「それはたくさんありました。予想外の良いお芝居、もちろん、本人は意識していないのですが、それにみんなが感動したり。もともとダメ犬という設定ですが、まさお君役を演じたラブ君も、ちょっとダメ犬の素質がある子で(笑)。ラブ君はタレント犬ではないので、お芝居ができないのが当然。それもあって、お芝居ができたときには、『うわ!なんだ!』という新鮮な驚きがありました」

――演じた里美役の印象を教えてください。
「こんなにハッピーで、明るく楽しい映画の中で、実は最初から里美はシリアスなんです。松本君と仲良くしているシーンでも、将来のことや結婚のことを考えている。女性の年齢や結婚に対する考えというのを含めて、すごくリアリティがあると思いました。でも、里美は分岐点に立ってはいるけれど、松本君を好きになったということは、もともと、富とか地位に引っ張られるタイプではない。長く付き合ってきたふたりの空気感が大事なんだろうなと思いました。彼のすべっている感じや、パッとしない感じにイライラする関係性ではない、母親的な視点で、家族のような存在感を大切にして、演じました。彼女は、映画をまさお君と松本君の単なるロードムービーにするのではなく、社会としっかりつなぎとめ、時間の軸を見せてくれる存在だったと思います」

――もしも、広末さんの友達の彼氏が松本君のような売れない芸人だったら、どんなアドバイスをしますか?
「例えばその友達が、『専業主婦になって、エステも行って、習い事もしたい』と言うのであれば、『やめた方が良い』と言います(笑)。でも、『一緒に苦労もして、頑張っていきたい』と言うのであれば、私はすごく応援したいし、賛成です。条件で結婚や恋愛をするのも良いとは思うんです。私にはそういう感覚がないのですが、私自身、女子高卒なので、色々な女の子の友達を見てきてて。『私の彼氏は○○に勤めているから安心』と言う子ももちろんいます(笑)。女の人ってそういうところもあるのかな…。ただ松本君は、『里美がいなくなったら困るよ』というセリフにもあったように、本当に一途。夢に対しても恋人に対しても一途なんですよね。里美にとっては、そういうことが大事だったんじゃないかな」

――雑誌「CREA」7月号で、女性の幸せな働き方についてコメントしている広末さん。30代を迎えて、仕事に対する思いに変化はありましたか?
「最近、色々な方から『年齢に見合った役を演じているね』と言われます。自分の年齢より上の、35歳くらいの設定の役や、母親役をいただいたり、今回のような恋人役もある。今の年齢って、仕事のキャリアとしても、女性としての経験値としても、すごく幅広い役が演じられる年頃なんだなと感じます。未熟で幼い役だったり、逆にキャリアウーマンや母親役など、どちらも演じさせてもらえる。10代や20代の頃に比べて、お話をいただく役の幅が広がっているのがありがたいですし、今、すごく楽しいです。挑戦できることが無限大だなって。役を通して勉強することも多いですし、若い頃よりも刺激をもらったり、年齢を重ねても『初めての経験』と思えることに出会える。きっと私は、この仕事が本当に好きだからなんだと、改めて実感しています」

Text : Orie Narita
Photo : Megumi Nakaoka

「LOVE まさお君が行く!」
(C)2012「LOVE まさお君が行く!」製作委員会

LOVE まさお君が行く!
6月23日(土)より
新宿ピカデリーほか全国ロードショー



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月刊風とロック
特別増刊 樹木希林

NEWS

「月刊 風とロック」特別増刊

  月刊 風とロック 定価0円 特別増刊 樹木希林 10月15日 配布開始 ...

STAFF REALTIME

「藝大アーツイン丸の内2018」

    丸ビル、新丸ビル、丸の内仲通りを中心とした丸の内・有楽町エリアで 「藝...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ