VOICE magabon interview

No.279 貫地谷しほり(女優)&竹中直人(俳優)

貫地谷しほり&竹中直人

――どのような役作りを行いましたか?
K「実際に知的障害者の方の施設に行かせてもらいました。最初、どの方向に行けばいいんだろうって悩んでいて、施設に行ったら答えがでるかなって思ったんですけど、本当にみんなバラバラで、さらに選択肢が広がってしまって。それをどう絞っていけばいいんだろう、ってすごく悩みました。その施設で働いている方に、『これまで知的障害者の方を扱った作品を見てどう思われましたか』って聞いたんです。そうしたら、『現実と違いますね』って厳しい意見を仰っていて。だから私は、マコちゃんみたいな知的障害者の方の家族や、関わっている方に嘘をつかない芝居をしたかったです。どの方向の芝居に行ってもアリだったので、自由ではあったんですけど。でもやっぱり、最初のシーンを撮るまではずっと悩んでました。普段は悩まないタイプなんですけど、今回は生まれて初めてなくらい、本当に悩みました」

――撮影中、芝居をこえた感情がこみ上げることはありましたか。
K「しょっちゅうありました。どうしても、いっぽんの目線が自分の中にあるから、そっちの感情にひっぱられそうになるんです。撮影中、感情が溢れる寸前の集中力を高めたままにしておかなきゃいけなくて。最後のシーンで、竹中さんとこうしよう、って話をしたわけじゃないんですけど、自然とずっと見つめ合ってたら、感情がこみ上げてきて。今にも溢れそうなんですけど、マコちゃんにとっては幸せなはずのシーンだから溢れさせちゃダメだし。本当にすごかったです、あの緊張感と集中力。役者さんって、こうやって現場で集中してたんだって思いました。だからすごい辛かったです。カットがかかる度に号泣して感情を発散して、メイクを直してもう一度いっぽんと向き合って…」
T「ひとつのセットの中で、あれだけの役者が動き回っていますから。さまざまな感情が重なっていたように思います。堤さんのエネルギーに動かされたことも多々ありました。いつもの堤さんとはまた違う、挑戦というか、作品に対するエネルギーが自然とこちらに伝わってきました。堤さんという存在が俳優を動かしている、そんな感じですね」

――映画初主演となる貫地谷さんですが、女優業への思いに変化はありましたか?
K「14歳くらいのとき、とにかくオーディションに受からない時期があったんです。そのころに、今回も共演した麻生(祐未)さんとご一緒して、麻生さんに『私、この作品終わったらこの業界辞めるんです』って、不安からか、生意気なこと言ってたらしいんです。それで、『しほりちゃんやればいいじゃない、演技できるんだから』って励まされて。全然覚えてないんですけど(笑)。あのときは現場にいるだけで幸せで、撮影が続くことが幸せで。それは今も変わりません。
あと、朝ドラをやったときに、昔から応援してくださっている方が、ブログのコメントで『涙が出るほど嬉しいです』って書いてくださって。人のために泣いてくれる人がいるんだって感動しました。その時、そういう応援してくださる方に『おもしろい』って言ってもらいたいなって思いました。今もそう思っていて、ずっと女優を続けていきたい気持ちです。目標は、歳をちゃんととること。その年齢で、その年齢の役をできる人になりたいです。
初主演っていうのはプラスαっていうか、私の中で堤監督は特別な存在で。初めてドラマに呼んでくださったのも堤さんだし、いろんな節目でいろんなチャンスをくださる方で。今回の初主演が堤さんだったのは、すごくありがたいと思っています。みんなで頑張って汗を流しながら作ったこの作品を、とにかく見てもらわないと始まらないし、終われない。私が主演として何かできることがあるとしたら、いっぱい宣伝して、多くの方に観てもらうことだと思います」

――完成した作品を見てどう思われましたか?
T「堤監督の思いを強く感じました。この作品を本当に愛しているって。だから堤監督にちゃんと観ましたと伝えたい。あれだけのセットの中でカメラ5台を駆使して、2週間で撮った。舞台劇ですが、映画になっている。すごくぜいたくな映画を観た気がしました。次の堤組に参加するのがまた楽しみです」

Photo : Tetsuya Hara

くちづけ
(C)2013「くちづけ」製作委員会

映画「くちづけ」
2013年5月25日(土)より全国ロードショー



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック 月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2017

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2017

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2017 特集 風とロック芋煮会2017 ...

STAFF REALTIME

石川さゆりさん「花が咲いている」

石川さゆりさん 通算123枚目となるシングル「花が咲いている」の アートディレ...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ