VOICE magabon interview

No.39 加瀬亮(俳優)

泉水は弟想いのとても優しい男です。
でも僕は、実生活ではひどい兄貴ぶりなんで、この映画で償っています(笑)

2008年第5回本屋大賞、「このミステリーがすごい!2009版」第1位受賞作家・伊坂幸太郎の最高傑作ミステリー「重力ピエロ」。遺伝子研究をする兄・奥野泉水と、自分がピカソの生まれ変わりだと思っている弟・奥野春が、連続放火事件に端を発した様々な謎に直面する、愛と衝撃のミステリー。
読書界を圧倒したこの大ベストセラーを、「Laundry」でサンダンス・NHK国際映像作家賞受賞した森淳一監督が映画化。春を演じるのは、映画出演が相次ぐ新鋭・岡田将生。そして、泉水を演じるのは「硫黄島からの手紙」でハリウッド進出し、今最も輝く俳優の一人である加瀬亮。彼にインタビューを慣行し、映像化不可能と言われた本作の魅力を直撃。

加瀬亮

――完成作を観た感想は?
「ストーリーに夢中になってしまって、あっという間にエンディングを迎えました。だけど、すごく悲しい余韻が残りましたね。色んな出来事が、不思議なバランスで表現されている作品だと思います。登場人物の心理を分かっているから、観終わったときの感情が複雑でした」

――森監督の作品に出演されるのは初めてだったそうですね。
「以前、森監督の『TOYD トイド』という作品を観させていただいて、それ以来ずっと監督の作品に出演してみたかったんです。だから、『重力ピエロ』の出演が決まったときは、すごく嬉しかったですよ。森監督は、ワンシーンを何十カットも撮影するうえに、パズルみたいにバラバラに撮るので、撮影中は意図が掴めなかったんです。でも、完成作を観て、全て意味のあることだったんだと納得しました」

――泉水はどんな人物だと分析していますか?
「非常に優しい男だと思います。泉水は自分自身のことをよく理解していない人間だったので、最初は演じている僕も彼のことがよく分かりませんでした。でも、春の本当の想いに気付いてから彼のためにがむしゃらになれる泉水は、すごく弟想いの兄貴ですよね」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月刊 風とロック 105号 特集 風とロック芋煮会

NEWS

風とロック芋煮会2016 KAZETOROCK IMONY WORLD

★チケット情報 <箭内実行委員長のコメント> 「ここより楽しいとこあったら教え...

STAFF REALTIME

風バスに乗って三島町へ☆

5月28日(土)、三島町にて開催される、 風とロック CARAVAN福島。   ...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ