VOICE magabon interview

No.41 佐藤健(俳優)

新メンバーと打ち解けるのに言葉はいりませんでした。
『ROOKIES』に出演できたことは、僕にとって大きな財産です。

2008年4月より放送され、幅広い層からの人気を集めたドラマ「ROOKIES」。佐藤隆太演じる新任の熱血教師・川藤幸一が二子玉川学園高校に赴任し、崩壊状態にあった野球部員に夢を持つことの大切さを伝える過程が描かれてきた。その続編となる映画「ROOKIES-卒業-」では、“最後の夏、卒業”をキーワードに、3年生になったメンバーが川藤とともに甲子園を目指す。
熱い青春ストーリーはもちろん、魅力的なニコガクメンバーも話題の本作。メンバーの一人であるレフトの岡田優也を演じるのは、ドラマやCM出演で人気急上昇中の佐藤健。「JUNON」などの雑誌がこぞって注目する彼に単独インタビューし、映画「ROOKIES -卒業-」の見所を直撃した。

佐藤健

――映画化するほどドラマが大ヒットした理由はどこにあると思いますか?
「キャストとスタッフの気合の入れ方がすごかったからだと思います。監督も含めて熱い方ばかりで、芝居に対する熱意や集中力も半端なかったです。僕からすると、皆アニキ的な存在でした。それと、原作に忠実にドラマのストーリーが作られていたというのも理由のひとつだと思います」

――映画化が決まった時の気持ちは?
「もちろん、すごく嬉しかったです。映画では新メンバーが2人増えますが、キャッチボールをしたりご飯を食べに行ったり、すぐに皆と馴染んでいました。『ROOKIES』メンバーはドラマで完全に出来上がっていましたけど、皆大人の男だったから、打ち解けるまでに言葉は必要なかったですね」

――映画で印象に残っているシーンは?
「決勝戦のシーンです。真夏に行われている設定なんですが、実は撮影をしたのは真冬なんですよ。雨も降ってすごく寒かったので、このまま撮影が終わらないんじゃないかとすら思いました(笑)あとはラストシーンですね。撮影前にプロデューサーさんが話をしてくれて、『要は、言葉じゃなくて気持ちなんだ。台本なんて関係なく、本心を伝えればいい』って言ってくれたので、ありったけの気持ちをぶつけています」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2016

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016 特集 風とロック芋煮会2016 ...

STAFF REALTIME

こんにちは。放送作家の伊藤総研です。 今回のラジオ「風とロック」は、レギュラーに...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ