VOICE magabon interview

No.73 黒木メイサ(女優・モデル・歌手)

写真集を出したり、CDを出したり、「アサルトガールズ」のような映画に出演させてもらったり…。
2009年は、とにかく突っ走った1年でしたね。

黒木メイサ、21歳。若手女優の中で特別な存在感を放ち、確実に演技力に磨きがかかる女優だが、2009年はそんな彼女にとってこれまでにない飛躍の年となった。映画は「昴 スバル」「クローズZERO II」が公開、舞台では「赤い城 黒い砂」「女信長」で主演、ドラマでは「任侠ヘルパー」にレギュラー出演…そして、2009年を締めくくるのは世界的鬼才・押井守監督による映画「アサルトガールズ」だ。
本作は、「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」「イノセンス」「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」などのアニメーションで世界を驚かせてきた押井監督が、黒木メイサ、菊地凛子、佐伯日菜子の3人の女優を迎え8年ぶりに手掛ける実写長編作品。熱核戦争後の荒涼とした砂漠を模した、仮想空間=Avalon(f)で、どう猛な巨大モンスター“スナクジラ”の群れがうごめく無法地帯・デザート22にやってきた、命知らずのプレイヤーたち。黒木が演じるのは、セクシーなボディ・スーツに身を包み砂漠でモンスターを狩るハンター“グレイ”。
彼女にインタビューを敢行し、「何もかもが初めての経験だった」という撮影現場について、また映画の魅力について語ってもらった。

黒木メイサ

――本作はこれまでの黒木さんのキャリアにはない異色の作品でしたが、オファーをもらったときの感想を聞かせてください。
「本当に新しいことだらけの映画でした。普通、台本は文字で書かれていますよね。でも、本作の台本は絵コンテなんです。CM撮影で絵コンテというのはあっても、映画の台本でというのは初めて。しかもセリフはおまけ程度で、吹き出し部分にちょっと添えてあるんです(笑)」

――撮影現場、撮影方法にも“初めて”なことはありましたか?
「面白かったのは、佐伯さんと菊地さんとの共演シーンであっても、実際の現場で彼女たちと会うことはなかったこと。そういう撮影方法も初めてでした。それは監督が女優1人ひとりをしっかり取るためという意図からだったみたいですけど、(共演者と一緒に演じられなかったのは)やっぱり寂しくて。完成した映画を観て、初めて菊地さんってこんな人間離れした役だったんだ!とか(笑)」

――押井監督はどんな演出をする監督でしたか?
「こんなの最初の台本にあった? っていうことばかり。ものすごく設定が変わる現場でした。例えば、尺が足りなかったから冒頭のナレーションを加えたって監督は言っていましたけど、どこまでが冗談でどこからが本気なのか分からなくて。だから、最初の頃は笑っていいタイミングなのかどうかもつかめなかった。コミュニケーションもとれなかったんです。あと、二宮金次郎像も台本にはなかったのに、いきなり現場で登場していたり(笑)。楽しさ半分、その状況に付いていなくちゃ! という必死さ半分という現場でした」

――二宮金次郎像が当初の設定になかったということは、もしかしてカタツムリも……。
「なかったです。あんなに重要な役なのに(笑)。菊地さんの役柄も絵コンテの段階ではセリフがたくさんあったのに、最終的にはまったくセリフがなくなっていてびっくり。監督は、『今何を撮っているかわからないかもしれないけれど、僕の撮影はこういう感じだから。でも、仕上がりはちゃんとするからね』って。チャーミングな方でもありました。もう一度、押井監督とご一緒できたら、いろいろな心の準備ができると思うんですけどね(笑)」

――押井監督は「VFXを駆使した本作的なSFファンタジー映画を撮りたい」と、この作品を作ったそうですが、そもそも黒木さんはゲーム好きですか?
「家でこもってやるタイプではないんですけど、ゲームセンターでゾンビを倒しているタイプです。だから、今回銃を持っての撮影は気持ちよかった。ゾンビゲームのコンテニューぶりはすごいですよ!」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック 月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2017

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2017

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2017 特集 風とロック芋煮会2017 ...

STAFF REALTIME

ふくしまプライド。2018

福島県クリエイティブディレクター箭内道彦が指揮を執る、 今年の「ふくしまプライド...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ