VOICE magabon interview

No.80 テリー・ギリアム(映画監督)&リリー・コール(女優・モデル)

ヒースを失ってこれで終わりだと一度は諦めたけど、何とか解決策を見出してやり遂げたんだ(テリー・ギリアム監督)
初めての大役だから怖かったけど、才能ある共演者から色んなことを吸収しようとしたの(リリー・コール)

「ダークナイト」で一躍注目を浴び、今後の活躍を期待されるも突然の死を遂げた若き名優、ヒース・レジャー。彼の急逝により一時は製作中止とまで言われた「Dr.パルナサスの鏡」が、ついに公開。
舞台は、2007年のロンドン。1000歳以上という老人・パルナサス博士を座長とする一座は、心に隠し持つ欲望の世界を具現化して見せる鏡「イマジナリウム」を出し物としている。ある日、パルナサス博士の娘・ヴァレンティナが、記憶喪失の謎の男・トニーを助けたことから、一座の運命は思いがけない方向へと転がり始める…。このトニーをヒースが演じており、彼の亡き後に引き継いだのは、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人。いずれも、生前に親交のあった友人たちだ。
奇想天外なストーリーを映像化したのは、「モンティ・パイソン」シリーズでその名を知らしめ、「12モンキーズ」「ブラザーズ・グリム」などで“映像の魔術師”と称えられるテリー・ギリアム監督。そしてヴァレンティナ役は、「VOGUE」などの表紙を飾るスーパーモデルのリリー・コール。来日した2人に直撃インタビューを敢行し、本作の魅力を聞いた。

テリー・ギリアム&リリー・コール

――本作のモチーフとなっている鏡を使用するアイデアは、どのようにして生まれたのですか?
テリー・ギリアム監督(以下T)「鏡は時に嘘をつくし、真実を告げる。『白雪姫』で魔法の鏡が話すシーンに、いつも僕は魅了されていたよ。だから『鏡の国のアリス』のように、鏡を通して世界を見るというアイデアが、この映画作りのきっかけだったんだ」
リリー・コール(以下L)「鏡を使うことは、とても賢いアイデアだと思ったわ。テリーの持つビジュアルや哲学的なアイデアを表現しているもの。もしも『イマジナリウム』があったら、鳥になって綺麗な空気を思いきり吸いたいわ。でも、私の想像力は怖いから、映してみるとダークな世界が見えるかもしれないわね(笑)」

――ヒースの死を乗り越えて完成した本作ですが、彼との思い出は?
T「ヒースは非常に賢くて、『ブラザーズ・グリム』でも素晴らしい演技を見せてくれた。僕が仕事をした中で最も優れた俳優の1人だと思ったし、友人としても最高のヤツだったね。これから製作する作品は、全てヒースと撮りたいと思ったほどだよ。彼を失ってしまい、どのように映画を完成するか見当もつかず、これで終わりだと一度は諦めた。しかし、ニコラ(撮影監督のニコラ・ペコリーニ)や、エイミー(プロデューサーのエイミー・ギリアム)が『ヒースのためにも映画を完成させるべきだ』と後押ししてくれてね。解決策を見出してやり遂げたんだ」
L「ヒースはとても寛大で、優れた精神の持ち主だったわ。誰からも愛され、誰にも優しく接していたの。俳優としても、常に挑戦し続けることを忘れない。エネルギッシュだし、彼と一緒にいるとパワフルな気分になれたのよ。この映画から、ヒースの素晴らしいパーソナリティーが感じ取れると思うわ」

――代案として3人の俳優を起用しましたが、彼らを選んだ理由を教えてください。
T「ヒースを良く知る、彼の友人たちが欲しかったんだ。まず、何も決まってない段階でジョニーに電話で相談したら、『僕にできることなら何でもやるよ』と快く言ってくれた。そして3人の俳優に演じてもらうことに決めてから、ジュードとコリンに電話して、全員からOKをもらったんだ。登場する順番は、ジョニーが1番じゃなきゃいけないと思っていたよ。鏡を通るとヒースが別の顔になるというコンセプトを、ジョニーが演じて受け入れることができれば、あとの2人はついて来てくれると思ったんだ。コリンは最後に登場するトニーがぴったりだと思ったし、ジュードは2人の間をうまく繋いでくれると思ってね。僕の選択は合っていたと思うけど、どうかな?」
L「彼らがこの映画で続投すると聞いた時は、一瞬『どうやって?』と思った。でも、1人の俳優が演じるのも奇妙な感じがする。2人の違う俳優の演技を比べてしまうし、1人の俳優にのしかかるプレッシャーが大きいわ。だから3人の俳優で、しかもヒースを知る3人の俳優を使うと聞いて、名案だと納得したわ」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2016

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2016 特集 風とロック芋煮会2016 ...

STAFF REALTIME

こんにちは。放送作家の伊藤総研です。 今回のラジオ「風とロック」は、レギュラーに...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ