VOICE magabon interview

No.81 峯田和伸/銀杏BOYZ(歌手・俳優)&松田龍平(俳優)

龍平くんは、可愛い人。撮影が終わって1年以上経つけど、今思っても可愛い!(峯田)
峯田くんは、可愛い人。二人で“可愛い”と言い合って、あとでこれ見たら、きっと「うわ~」ってなる(笑)(松田)

彼女いない歴29年、恋も仕事も空回りする男・田西のぶざまな青春を描き、圧倒的支持を得た花沢健吾による人気コミック「ボーイズ・オン・ザ・ラン」が待望の映画化!
不器用だが、真っ直ぐな主人公・田西役を熱演するのは、「銀杏BOYZ」のボーカルとしてカリスマ的人気を誇り、「アイデン&ティティ」「色即ぜねれいしょん」など俳優としても活躍する峯田和伸。田西のライバルとなるヤリ手営業マン・青山役を「ハゲタカ」「劔岳 点の記」の松田龍平が演じる。監督は、劇団「ポツドール」を主宰する三浦大輔。初メガホンながら、走って、こけて、また走る、そんな主人公の姿を激動とユーモアをもって、見事に描き出す。
そこで峯田和伸×松田龍平の対談インタビューを敢行! 本作の魅力を直撃した。

峯田和伸/銀杏BOYZ&松田龍平

――完成した映画を観た感想を教えてください。
峯田和伸(以下K)「キツかったです(笑)。出てくる人全員が一筋縄ではいかなくて、それぞれの想いがすれ違っていくことが多いので」
松田龍平(以下R)「峯田くんが、最初から最後まで疾走している感じが、すごく面白かったですね」

――お二人とも原作のファンということですが、田西というキャラクターをどう感じていましたか?
K「真っ直ぐ過ぎるというか、こんなイタイ奴が主人公なのかと思って漫画を読んでいたんです。でも、なぜか感情移入しちゃうんですよね。その度合いがすごく強くて、漫画を読みながら、拳を握ったりしていました」
R「漫画では、すごくダメな奴だというのが分かりやすく描かれているけれど、その中に強さがあるから、彼をかっこよく思えてしまう。その強さは、映画の田西の中にもしっかりあると感じましたね」

――では、田西の魅力は?
K「嘘をつくにしても、何をやるにしても度が過ぎているところ。ダサくて、かっこ悪いんだけど、なんか笑えるっていうか。可愛らしいんですよね」
R「人間臭くて、タフなところ。ダメな自分を受け入れるって、なかなかできないじゃないですか。ダメな自分を振り切って、もっと頑張ろうと思う。でも彼は、自分のダメさを分かっていて、そこからどうにか抜け出したいと思っているところが、すごくタフだと思う」

――田西とご自身の共通点はありますか?
K「感情的になるスイッチがあって、そのスイッチを押すと暴走するところなんかは、田西と似ていると思います。これやっちゃいけないよ、というところでやっちゃうところとか(笑)。たいてい僕、嫌なことがあったときには、すごく溜めて、勝負時にその怨念をね、バッと出すんです。例えばロックフェスでもね(笑)」
R「どんなに過去の自分の嫌な部分を知っていても、人生は長いから生きていかなきゃいけないじゃないですか。田西を見ていると、その嫌な自分を一回忘れて、新たに自分が求めている自分を探す“力”みたいなものは、必要だと思いました」

――松田さんの演じた青山役は、表の顔は爽やかだけど、裏では田西が一途に想うヒロイン・ちはるを狙うという、いわゆる“悪役”ですね。
K「青山は、ムカつくところはあるけれど、悪いことはしていないと思うんですよね。田西より器用だから悪くみえるけど、ああいう人は本当にいるし」
R「漫画を読んでいて、やっぱり田西に自分を置き換えて読んでいたんです。だから、青山はあまり好きじゃなかった。ただ、あえて好きじゃない役をやってみたいというのはありました。どうしてこういう行動をとるのか、その理由を知りたいと思ったりして、楽しくやらせてもらいましたね」

――松田さんの青山役を見てどうでしたか?
K「青山って誰がいいかなと想像していたときに、松田龍平くんがやってくれれば面白いんじゃないかなって思っていたんです。だからびっくりしましたよ! 決定した配役を聞いて、ガッツポーズしました(笑)」
R「うれしいけど、青山で俺を連想するってちょっと…(苦笑)」
K「あはははは!」
R「そんなタイプじゃないよ」
K「自分が思う、かっこいい人にやって欲しかったんだよ!」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック 月刊風とロック

月間風とロック
風とロック芋煮会2017

NEWS

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2017

「月刊 風とロック」風とロック芋煮会2017 特集 風とロック芋煮会2017 ...

STAFF REALTIME

レキシ両A面シングル「S&G」

    NHK大河ドラマ「西郷どん」 パワープッシュソング「SEGODON」。...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ