VOICE magabon interview

No.83 サンドウィッチマン(お笑いコンビ)

単独ライブは、僕らの1年の柱。本当にやりたいのはこういうことなんです(伊達)
ネタを作る時は、響きが心地よい音を選んでいます。言葉ではちょっと説明したくないんですけど(富澤)

漫才日本一を決める「M-1グランプリ2007」で、敗者復活からの劇的優勝を果たしたサンドウィッチマン。昨年は「キングオブコント 2009」でも準優勝と、漫才とコント共にその実力の高さには定評がある。
ネタの質にこだわり続け、毎年秋には恒例となっている新ネタ満載の単独ライブを開催している彼ら。このたび、初の全国ツアーでの地元・仙台公演の模様を収録したDVD「サンドウィッチマン ライブ2009 ~新宿与太郎狂騒曲~」が発売。“ネタ職人”サンドウィッチマンの魅力が堪能できる1本だ。
そこで二人に単独インタビューを敢行! DVDの見どころから、M-1への想いまでを直撃した。

サンドウィッチマン

――単独ライブも回を重ねていますが、特に今回印象的だったことは?
伊達みきお(以下D)「全国ツアー自体がはじめてだったので、気合も入っていましたね。DVDには僕らの地元・仙台の模様が収録されているんですが、仙台、そんなに盛り上がってないように見えるんですよ。あのね、東北人って声出して笑うのが恥ずかしいって思うの」
富澤たけし(以下T)「シャイだから」
D「面白くても、必死で口押さえたり」
T「だからDVDを見た人は、会場は約3倍盛り上がっていると思ってもらえれば」

――全公演SOLD OUTだったそうですね。
D「そうなんですよ! ありがたいことに」
T「ちょうど発売の頃に『キングオブコント 2009』があって、それでまたバッと売れたみたいで。出て良かったです」
D「だからこそ、今回は特にプレッシャーが高かったですね。でも、良いプレッシャーの中でできたので、楽しかったです。単独ライブというのは、僕らの1年の柱なんですよ。テレビでもネタはやっているんですけど、それでもテレビという縛りがあるので、やりたいことをできない部分が相当ある。ライブでは、僕らが本当にやりたいのはこういうことなんです、と思うことができますね。まあ、今回で言うと下ネタも結構ありますしね(笑)」
T「まあ、伊達が作ったネタだとか、テレビではできないですね」
D「なんだよ、門前払いされんのかよ」

――今回、特に印象的だったネタはありますか?
T「『マスター』っていうネタがあって、僕はそんなにウケないと思っていたら、結構ウケて。シュールなネタなんですけど、テレビではやってないので、ここでしか見られないです」
D「『マスター』は一番富澤らしいネタですね。まさに“富澤ワールド”! 僕が思う“富澤ワールド”の魅力っていうのはね、まったくお客さんに媚びないことなんです(笑)」

――お二人のネタは、何度見ても面白いと評判です。ネタ作りの際に気をつけていることはありますか?
T「音っていうのかな。響きが心地よい音にしようとは思っています」
D「ホントなの? 12年くらい知らなかったよ。それお前だけだろ」
T「たとえば語呂とか、聞きやすい音ってあるじゃないですか。そういうのは気にかけています」
D「ウソつけよ、お前。僕も、今知りましたよ」
T「こいつには言わないですからね。言葉のリズムです。詰めこみすぎちゃってもちょっと窮屈な感じに聞こえたりするし。なんて言ったらいいか…。言葉ではちょっと説明したくないんですけど」
D「したくないの!? できないんじゃなくて?」
T「何度も見たくなるってことは、心地良いはずなんですよ!(ちょっと投げやりぎみに)」
二人「ぶはははは」
T「でもたぶん、落語とかって、そうだと思うんですよ。ネタを知っているのに、『ああ、あのネタだ』とか言って、また見たくなる。そういうのに近いのかな」
D「落語は面白いですからね~。僕は立川志の輔さんが大好きでね。志の輔さんて、本当に聞きやすいんですよ。しゃべりがすっごい上手で。僕、しょっちゅう志の輔さんのDVDを見ているんですけど、マネできないですよねぇ」
T「1回見て、もういいやっていうネタと、何回も見たいネタってあるじゃないですか。あの違いって何なんですかね。じゃあ、それを今日は皆で考えていこう」
D「そういう回じゃねえよ!」



VOICE バックナンバー

NEWS

TUGBOAT10周年作品集「TUGBOAT 10 Years」刊行

クリエーティブ/マスコミに携わる人やその世界を目指す人は必携の、クリエーティブの「参考書」とも言うべき一冊! 日本初のクリエーティブ・エージェンシー・TUGBOATの10年にわたる仕事の数々が一冊の作...

明治大・世界最大級マンガ図書館―先行施設オープン

世界最大級の「東京国際マンガ図書館」(仮称)設立を目指す明治大学は10月31日、マンガ図書館に先行し漫画雑誌や単行本約14万冊を集めた「米沢嘉博記念図書館」を駿河台キャンパス(東京都千代田区猿楽町)に...

小学館「サライ」9月より月刊化へ

5/24 小学館は月2回刊の生活情報誌「サライ」を9月10日発売の10月号より月刊に移行することを発表。朝日の記事によると現状から50ページ増やし、25万部発行の予定とのこと。小学館広告局からのリリー...

雑誌編集部blog

magabon参加雑誌の出版社webページにあるブログの更新情報を集めました。

zassiclip読みたい雑誌の記事だけをドコモiモードでバラで買える!1記事5円から!
iMENU→メニューリスト→TV/雑誌/ラジオ→雑誌→magabon


栗原はるみ初の電子書籍
『栗原はるみ四季の料理』発売


ハワイ情報ウェブマガジン
「Hawaiing」公開中

WHAT'S NEW

週刊風とロック

月刊風とロック

月刊風とロック
特別増刊 樹木希林

NEWS

「月刊 風とロック」特別増刊

  月刊 風とロック 定価0円 特別増刊 樹木希林 10月15日 配布開始 ...

STAFF REALTIME

CM NOW「であいびと」

    箭内の執筆コラム&撮り下ろし写真を連載するCM NOW「であいびと」。...

RADIO REALTIME

2013.03.02 YOU DON'T KNOW CDジャケット募集 中間報告(第三回)

★REALTIMEのREALTIMEはtwitterでやってます!まだご覧になっ...



  • ゴースケ 下町さんぽ
  • WWm
  • 表参道あいうえお
  • 未来雑誌研究所
ページトップへ